カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

訪問者数

日程

プロフィール

みら

Author:みら
マリノスのことを中心に、色々書いていこうと思ってます。

カテゴリー

ユーザータグ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
横浜の新監督に早野氏が復帰(nikkansports.com)

監督就任決定
遂に来シーズンの監督、コーチが発表されました。監督は噂通り早野宏史。コーチ陣には水沼さん、ユースの監督から昇格した高橋さん、GKコーチはマリノスOBの松永成立。

と、まあ報道されていた通りの結果になりましたね。オフィシャルに記載されている「アグレッシブなサッカー」が体現できれば良いですが。来シーズンは有望な新人が多く加入するので、高橋さんの指導力に注目かな。


この新体制は難しい船出になるのは間違いないですが、航海を無事に成功することを祈ってます。結果も大事ですが、2008年以降に繋がるシーズンにして欲しい、というのが一番の願いです。
スポンサーサイト

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

横浜久保が契約更改交渉決裂、移籍も(nikkansports.com)

ドラゴン絶大な「決定力」があれば、フロントの提示も変わってくるだろうに。今シーズン、リーグで挙げた得点はたったの5点。こんな結果で金銭面どうこうっていうのはもってのほかだと思いますけど…。

やっぱりさ、背番号9といえばエースストライカーなわけで、その番号を背負っている以上、それ相応の活躍を期待したいわけですよ。久保ならそれが出来る、という思いがあるからこそ、期待しているサポもたくさんいるわけで。だから、その期待が外れた時は残念だし、ガッカリだし、失望もする。

この交渉がどういった方向に向かっていくのかは分かりませんが、マリノス残留になることを祈ってます。

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

中沢サンタ1日遅れのプレゼント(スポニチ)

中澤サンタ
記事中のコメントは、いつもサポーターを大事にしている佑二らしいコメント。こういう気持ちを持っていても、行動に移せる選手ってなかなかいませんよね。

「ファンあってのマリノス」

フロントにもこれを理解して欲しいですね。

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

さて、「2006シーズンを振り返る」第2弾は第6節から第10節まで。ちょうど4月に行われた5試合ですね。

第6節 FC東京戦(H) △1-1
痛い敗戦から、ナビスコカップ予選を挟んで迎えたFC東京戦。
"勝てる"試合だった…誰もがそう思ったはず。隼磨のクロス気味のシュートがゴールネットを揺らして先制したマリノス。隼磨のヒーローインタビューを想像したのがまずかったのか…?
昨シーズンに続き多かったロスタイムでの失点。そしてセットプレーからの失点。まさにこの試合はその2つが重なった形の失点で、勝ち点3を取りこぼし。こういう取りこぼしがなければ…たらればは無意味ですが、後からそう思ってしまう試合でした。

第7節 大宮アルディージャ(A) ●1-2
この試合もTV観戦。開幕戦以来の久保ゴールが観れましたが…小林大悟のミドルシュートに沈んだ1戦。あのシュートは仕方ないよなぁ。マルケスの負傷もありましたね。この試合はこれくらいしか憶えていないです。

第8節 ガンバ大阪戦(H) ●3-4
個人的な話ですが、初の二日酔いで昼間死んでいた日(笑)。試合が夜で良かったです。ま、試合結果は全然良くなかったわけですが。
最初の失点は、佑二がマークを外してしまった場面でしたっけ?マグノアウベスに決められ先制されるも、オオシのヘディングで同点、そしてマツのミドルで逆転。逆転した時の「直樹コール」は凄かった!!逆転したままで前半を終えれば良かったんですが…角度のない所からまたしてもマグノアウベス。こうやって思い返してみると、マグノにやられてますね…。
後半引き離されて、でも健太のゴールで追いついて。でも、最後はマツと佑二の連携ミスから失点しTHE END。終わってみれば、まさかの4失点…辛い試合でしたね。

第9節 ヴァンフォーレ甲府(A) ●0-1
リーグ初対戦となった甲府戦。この試合も記憶が曖昧…。ロスタイム、バレーにやられたのは忘れようがないですが。どうも、スタジアムではなくTVで観た試合は印象が薄いな。

第10節 サンフレッチェ広島戦(H) ○2-1
3月は4勝1敗という好成績で終えながら、4月は1分3敗と勝ちがない中で迎えた4月最終戦はホームゲーム。実際のところは、ナビスコカップ予選では白星があったので、騙し騙しリーグ戦をこなしていた様な印象が強かったこの時期。そのリーグで勝利したのが、この広島戦。
先制されながらも残り10分での逆転勝ち!振り返ってみると、この試合の決勝点を決めた孝行は、これが最初で最後のゴールでしたね。来シーズンは「オー、ゲットゴール吉田~、ゲットゴール吉田~、ゲットゴール、ヨ・シ・ダ、ゲットゴール!」のコールに応えて欲しいです。

次回は名古屋戦~磐田戦までの予定です。

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

今シーズンは到底納得の出来るようなシーズンではありませんでした。悪いシーズンだったとはいえ、良いこともありましたし、改めてどちらも思い出して受け止めて、今シーズン終了といきたいな~と思いましてね。何回かに分けて振り返っていこうと思います。年内にアップ終わるかな…(笑)

第1節 京都パープルサンガ戦(H) ○4-1
開幕戦に相応しい好天のもとで行われたこの試合。この試合は、陽光の当たらない2階席から観ていたので「少し寒いな」と感じながら観ていたのを憶えています。試合はそんな寒さとは裏腹な展開で、非常に良い滑り出しでしたよね。
新加入のマルケスがいきなりゴールを決め、久保もいきなりの2ゴール。「これは凄いぞ…!」と思ったものですが。お馴染みのインタビューには笑わせてもらいました(笑)。

第2節 鹿島アントラーズ(A) ○3-0
2戦目にいきなりアウェイ鹿島戦。スタジアムへは行かなかったのでTVで観ていましたが、この試合も開幕戦に続き気持ちの良い勝利!開幕戦でゴールを決めたマグロンがこの試合でも2ゴール。でも、マグロンのゴールよりも、隼磨のクロスからドゥトラが決めたダメ押し弾の方が鮮烈でした^^;

第3節 セレッソ大阪戦(H) ○3-1
雨の降る日産スタジアムに迎えたのは、昨シーズン優勝争いを演じたセレッソ大阪。この試合がゴール裏デビューでした^^
この試合は気づいたら先制されていて。モリシの電光石火のゴールでしたが、マグロンの2ゴールで逆転しマルケスがダメ押し。開幕からのブラジリアントライアングルのパフォーマンスの高さには驚きでした。

第4節 大分トリニータ(A) ○2-1
いつの間にか「九州石油ドーム」になっていたのに驚きだったこの試合。大分まで行けるわけもなく、家でまったりとTV観戦。行けるわけもなく、と書きましたが、来年は行っちゃうかもしれません。だって…温泉入りたいもん(笑)。少し話が逸れました^^;
3節までに高い攻撃力をみせたマリノスでしが、そのゴールの内わけは…マグロンが5点、マルケスが2点、ドゥトラが1点、久保が2点。というわけで、日本人が全然点を取っていなかったんですね。でも、この試合は勇蔵&ジローという珍しい(?)組み合わせのゴールで勝利。
ただ…勝利はしたものの、終盤は危ない場面が多かったような印象が。

第5節 浦和レッズ(H) ●1-3
試合結果だけでなく、試合前のことも含めて忘れようのない2006年3月25日。
開幕4連勝、負けなしで迎えたレッズ戦。失点してはいけない時間帯にゴールを奪われ、逆に堅いレッズの守備を崩せず、オオシのゴールで1点を返すのがやっと。1点差に迫ったものの、最後は長谷部に止めをさされシーズン初黒星。この試合が今シーズンのターニングポイントでしたよね。

次回はFC東京戦~千葉戦までを書く予定です☆

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

横浜 李天秀獲り!得点力UP狙う(スポニチ)

李天秀金銭面で折り合いがつくのなら獲得もありじゃないですか?

補強すべきは中盤の底だと思いますが、点が取れないFWばかりでは心許ないのも事実。今シーズン、FWが挙げたゴールって一体何点だろう?悲しいかな、本当に数えるほどしか決めてませんよね。チーム内得点王が功治とマグロンの6点。功治は前半いなくて、マグロンは後半いなくて。この得点力の低さは泣けてきます。

期待したドラゴンも復活せず、オオシのシュートはことごとくポストに。最後の最後にきてサカティの調子が上向きなのは、来シーズンへ向けて期待できる要素ですけどね。




テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

横浜、屈辱の2年連続無冠/天皇杯(nikkansports.com)

残念ながら年内で2006シーズンが終了してしまいました。
昨日のガンバ戦。ここにきて調子のいいサカティが開始2分に先制ゴールを叩き込むも、相変わらず後が続かない今シーズンを象徴するような試合展開。
播戸にあっさりと返されて1-1になった時点では、まだ勝負は分からなかったけれど…。ヤットを経由したリズムのある攻撃は脅威。ガンバの攻撃力はやっぱり凄かった。
決勝のチケットは無駄になってしまったけれど…コンサドーレが勝ち上がったら観に行ってみようかな。今はそんな風に思ってます。

これでオフシーズン突入です。マリノス戦が観れないのが寂しいですが…とりあえず1/2は野洲高校の試合を観る為に、柏の葉に行く予定♪柏駅から直行便があるみたいですが、選手権の時にもあるのかな?そこら辺がよく分からない…。
ユニバー記念競技場

別に「そうだ」と突然思い立ったわけではなく、長崎を突破したら行こうと決めていました。
神戸に足を運ぶのは初めて。というか、そもそも神奈川より西で行ったことがあるのは静岡だけなので、初の関西です!別に観光に行くわけではないので、当日「関西」を感じることが出来るのか分かりませんが、楽しみなのは間違いなし。

今シーズン、ガンバとは1分1敗。ホームでは打ち合いの末敗れ、万博では功治のスーパーゴールを守りきれず。絶対にここで借りを返しておかなくてはっ!

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

横浜M新監督に早野氏…11年ぶり古巣復帰(スポーツ報知)

来季はマリノスの監督…?

来季の監督候補には多くの名前が挙がりましたが、どうやら早野さんで決まりそうな気配が濃厚ですね。早野さん…監督としては、レイソルをJ2に降格させていますよね。マリノス系のサイトを見ると、その反響は凄い…(苦笑)以前マリノスの指揮を執っていた頃は優勝もしているみたいですが、早野さんの手腕が良かったから、というわけではなさそうなので、楽しみより不安でいっぱいです。

解説者としては、実況を絶句させる寒い駄洒落を交えた解説でお馴染み。個人的には大好きなんですけどね♪ただ…監督となると、当然結果を残してもらわないと困るわけで。コスト削減ということで、ベテランをバッサリと切り捨て、世代交代に入るマリノス。そのチームをまとめあげることが出来るのか…失敗したら残留争いが待っていそうで怖いです。

と、書いてみましたが、まだ正式に決まったわけではないですし、今後の情報待かな。

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

フクアリ2006年、J1最終戦。敵地フクアリで勝利をおさめ、白星でシーズン終了!!0-2という結果だけでなく、試合内容にも満足。今シーズン、数多くスタジアムへ足を運びましたが、観ていて(応援していて)一番楽しい試合でした。

坂田はフクアリとの相性が抜群ですね。昨日の試合も、開始5分で先制ゴール!2点目の隼磨のゴールは、シュートコースに入った阿部に当たってコースが変わり、ゴールの中へ。シュートを打たなければ点は入らない。打てば何かが起こるかもしれない。まさに、そんなワンシーンでした。

試合後、インタビューを終えてゴール裏へ1人で来た佑二。その笑顔は印象的!グランパスが佑二へオファーを出しているようですが、来シーズンもマリノスでプレーしてくれるよね。マリノスの22番は、佑二以外ありえません。

さっ、残るは天皇杯。昨日の試合を見せられると、次の大分戦も非常に楽しみですし、期待も膨らみます♪


続きを読む »

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。