カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

訪問者数

日程

プロフィール

みら

Author:みら
マリノスのことを中心に、色々書いていこうと思ってます。

カテゴリー

ユーザータグ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今シーズンは到底納得の出来るようなシーズンではありませんでした。悪いシーズンだったとはいえ、良いこともありましたし、改めてどちらも思い出して受け止めて、今シーズン終了といきたいな~と思いましてね。何回かに分けて振り返っていこうと思います。年内にアップ終わるかな…(笑)

第1節 京都パープルサンガ戦(H) ○4-1
開幕戦に相応しい好天のもとで行われたこの試合。この試合は、陽光の当たらない2階席から観ていたので「少し寒いな」と感じながら観ていたのを憶えています。試合はそんな寒さとは裏腹な展開で、非常に良い滑り出しでしたよね。
新加入のマルケスがいきなりゴールを決め、久保もいきなりの2ゴール。「これは凄いぞ…!」と思ったものですが。お馴染みのインタビューには笑わせてもらいました(笑)。

第2節 鹿島アントラーズ(A) ○3-0
2戦目にいきなりアウェイ鹿島戦。スタジアムへは行かなかったのでTVで観ていましたが、この試合も開幕戦に続き気持ちの良い勝利!開幕戦でゴールを決めたマグロンがこの試合でも2ゴール。でも、マグロンのゴールよりも、隼磨のクロスからドゥトラが決めたダメ押し弾の方が鮮烈でした^^;

第3節 セレッソ大阪戦(H) ○3-1
雨の降る日産スタジアムに迎えたのは、昨シーズン優勝争いを演じたセレッソ大阪。この試合がゴール裏デビューでした^^
この試合は気づいたら先制されていて。モリシの電光石火のゴールでしたが、マグロンの2ゴールで逆転しマルケスがダメ押し。開幕からのブラジリアントライアングルのパフォーマンスの高さには驚きでした。

第4節 大分トリニータ(A) ○2-1
いつの間にか「九州石油ドーム」になっていたのに驚きだったこの試合。大分まで行けるわけもなく、家でまったりとTV観戦。行けるわけもなく、と書きましたが、来年は行っちゃうかもしれません。だって…温泉入りたいもん(笑)。少し話が逸れました^^;
3節までに高い攻撃力をみせたマリノスでしが、そのゴールの内わけは…マグロンが5点、マルケスが2点、ドゥトラが1点、久保が2点。というわけで、日本人が全然点を取っていなかったんですね。でも、この試合は勇蔵&ジローという珍しい(?)組み合わせのゴールで勝利。
ただ…勝利はしたものの、終盤は危ない場面が多かったような印象が。

第5節 浦和レッズ(H) ●1-3
試合結果だけでなく、試合前のことも含めて忘れようのない2006年3月25日。
開幕4連勝、負けなしで迎えたレッズ戦。失点してはいけない時間帯にゴールを奪われ、逆に堅いレッズの守備を崩せず、オオシのゴールで1点を返すのがやっと。1点差に迫ったものの、最後は長谷部に止めをさされシーズン初黒星。この試合が今シーズンのターニングポイントでしたよね。

次回はFC東京戦~千葉戦までを書く予定です☆
スポンサーサイト

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

横浜 李天秀獲り!得点力UP狙う(スポニチ)

李天秀金銭面で折り合いがつくのなら獲得もありじゃないですか?

補強すべきは中盤の底だと思いますが、点が取れないFWばかりでは心許ないのも事実。今シーズン、FWが挙げたゴールって一体何点だろう?悲しいかな、本当に数えるほどしか決めてませんよね。チーム内得点王が功治とマグロンの6点。功治は前半いなくて、マグロンは後半いなくて。この得点力の低さは泣けてきます。

期待したドラゴンも復活せず、オオシのシュートはことごとくポストに。最後の最後にきてサカティの調子が上向きなのは、来シーズンへ向けて期待できる要素ですけどね。




テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。