カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

訪問者数

日程

プロフィール

みら

Author:みら
マリノスのことを中心に、色々書いていこうと思ってます。

カテゴリー

ユーザータグ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20071202201017.jpg

今シーズンのリーグ戦はホムスタで終了。開幕した3月が懐かしく感じるなぁ。終わってみればあっという間の1年。スタートで躓いたものの、5月の浦和戦から8月のジュビロ戦までは負けなし。その後は勝ち星が遠のいたものの、千葉、新潟に連勝して迎えた最終節。

ホムスタはサッカー専用。こういうスタジアムは本当に羨ましい。バクスタは傾斜が急なためかなり観やすそうだし、スタジアムの作りが凄く良い。駅からのアクセスも良好だし、ペットボトルの持ち込み禁止でもドリンクホルダーが付いているから困らない。美味しそうな食べ物がなかったこと以外は、本当に良いスタジアムだと思う。

チャンスらしいチャンスがなかったマリノスに対し、神戸は大久保が果敢にゴールを狙う。前半は勇蔵が大久保の切り返しでアッサリと抜かれて1対1。幸いにもシュートは枠外で助かったけれど、大久保の「俺が決める」という姿勢が強く伝わってきた。やっぱFWにはそれくらいのエゴがないとね。

孝行、隼磨の右サイドコンビはフリーでボールを受ける場面が何度もあったけれど、そこからチャンスに繋げられなかったのは非常に勿体なかった。2人とも切り込んでシュートというのがあったけれどGKの正面。クロスに関してはもっと精度が良ければ…と何度も思ってしまった。

PA内でゴチャゴチャしているなーと思ったらPKになってしまった後半のあの場面。哲也のPKストップにはガッツポーズだった!哲也のポカで負けた試合もあったけど、それらの借りを返すような活躍で。結局14ゴールでオオシと大久保が日本人得点王になったわけだけど、このPKストップはある意味オオシへのアシスト。試合中にも何度もオオシのチャントは歌っていたから、出来れば決めて欲しかったけれど^^;

結局、スコアレスドローという結果。勝てなかったというより負けなかったという試合内容だったから、勝ち点1を取って賞金獲得圏内の7位に入れたことは良かったのかな。来シーズンはより上位にいたいもの。

試合終了後、ホーム最終戦ということでヴィッセルのセレモニー。大久保や松田監督の話の後にはエメルソン・トーメの引退セレモニー。入団時からのヒストリーみたいなのが流れていたけど、それに見入ってしまった^^;そして、その後スタジアムを一周する選手達。マリノスのゴール裏側に来たタイミングで、戦力外通告を受けた元マリノスの遠藤彰弘、マリノスユース出身の大久保翔のコールが。こういうのっていいね。

来週は天皇杯。
2週続けての関西、移動が大変だけど桃スタで勝つよ!



2007 Jリーグ Division1 第34節

ヴィッセル神戸 0 - 0 横浜F・マリノス

得点者 : なし

競技場 : ホームズスタジアム  観衆 : 20,687人  主審 : 村上 伸次

人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

タグ : 試合@2007

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。