カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

訪問者数

日程

プロフィール

みら

Author:みら
マリノスのことを中心に、色々書いていこうと思ってます。

カテゴリー

ユーザータグ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


遂に竜二が戻ってきました♪
正直、こんなに長いこと離脱するとは思わなかったけど、ピッチを動き回る姿を見れたのはとても嬉しい!出場は予想通り1本目の45分間だけだったけど、結構動けていたので一安心キャプテンマークも背番号6も似合ってました。東京V戦で戻ってくることはなさそうだけど、大宮戦ならあるかな?待ち遠しいです

大宮との練習試合では外しまくった陽介。今回は開始直後のファーストシュートで早速ゴールネットを揺らした!2本目でも1点決めたし、いいアピールになったと思うんだけど。そろそろ、陽介にもベンチ入りの機会を与えて欲しいです。サカティがスタメン、陽介がベンチ、みたいな感じで

壁にブチ当たっている感のある乾…どうも空回りしているように見えた

少し前に怪我してたって情報を見て気になっていた田代は、2本目から3バックのセンターで出場。練習試合では、もはやこのポジションが定位置ですね。25日に行われるナビ杯の新潟戦では、裕介、佑二、勇蔵が代表で抜けてる可能性があるので…デビューもあるかも

そういえば、練習試合の2本目をやっている最中、Bコートではサカティと功治がPKして遊んでました(笑)。功治はヘンテコな動きしてるし、サカティは蹴る前に変なポーズしてるし(笑)、かなり笑えました^^;

1本目の布陣

――陽介――古部――
――――――――――
――――兵藤――――
幸宏――――――清水
――竜二――アーリア――
――――――――――
―金井―小椋―天野―
――――――――――
――――飯倉――――


2本目(46分~68分)の布陣

――陽介――古部――
――――――――――
――――水沼――――
山本―――――――乾
――小椋――天野――
――――――――――
―金井―田代―浦田―
――――――――――
――――秋本――――


2本目(69分~90分)の布陣

――陽介――古部――
――――――――――
――――水沼――――
山本―――――――乾
――小椋――天野――
――――――――――
―梅井―田代―浦田―
――――――――――
――――秋本――――

↑2本目の両サイドは頻繁にポジションチェンジしてました。




練習試合

横浜F・マリノス 3 - 1 横河武蔵野FC

得点者 : 2' 斎藤 陽介 21' 山瀬 幸宏 46' ??(横河) 61' 斎藤 陽介

競技場 : マリノスタウン  観衆 : ??  主審 : ??

人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

タグ : 試合@2008

千葉戦

相性の良い千葉に完封勝利♪♪

千葉は8節終えて未勝利。それだけに、がむしゃらに来るかと思ったけど…この前の大分と比べると、大分の方が気迫があったような気がする。

清水戦に続き、またも佑二がGet Goal!!
倒れながら右足に当てたシュートは上手かった。前にも書いたけど、今年は功治のCKが良くなっているから、佑二を筆頭に今後もセットプレーからの得点が期待できる♪そろそろ、勇蔵のゴールも見たいかな^^

1-0というスコアでは何が起こるか分からないけど、前半終了間際にコミーの追加点。得意のエリアから左足を振り抜いたシュートはDFに当たって軌道が変わり、フワリとゴールの中へ。開幕戦のゴールで自信を付けたのか、積極的にシュートを狙いに行く姿勢は素晴らしいです^^

後半開始早々、ここまで低調なパフォーマンスが続いていた隼磨が試合を決定付けるゴール!昨日の千葉を見ている限り、この3点目は完全にダメ押し。クロスは相変わらずだったり、簡単にボールを奪われる場面もあったけど、ゴールという結果は大きい。これをキッカケに良くなるといいんだけど^^;



2008 Jリーグ Division1 第9節

横浜F・マリノス 3 - 0 ジェフ千葉

得点者 : 22' 中澤 佑二 44' 小宮山 尊信 47' 田中 隼磨

競技場 : 日産スタジアム  観衆 : 20,220人  主審 : 佐藤 隆治

人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

タグ : 試合@2008

6/18(水)に城南一和とプレシーズンマッチをやる事が発表されましたね。

リーグ中断期間中にマリノスの試合があるのは嬉しい♪

でも、自由席の値段見てビックリ。前売りで2,600円。当日だと3,000円。

もう少し安くならなかったのかねぇ。

プレシーズンマッチ 横浜F・マリノスvs城南一和天馬 開催のお知らせ (オフィシャル)

人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

またもアウェイで完封負け。

楽に勝てるなんて、これっぽっちも思っていなかったけど…

連戦の初戦でこういう負け方はとても辛い。大分は高松もウェズレイもいなかったのに。

といっても、守備どうこうより攻撃に問題ありだから関係ないか

チーム全体に覇気が感じられず、今年一番悪かった。

まるで点が入る気がしなかった。。。

チャンスらしいチャンスって、オオシと西川が交錯した場面だけだったんじゃ。

千葉戦は行けるので、さっさと気持ちを切り替えて応援頑張ります。新ゲーフラも出来たんで^^



2008 Jリーグ Division1 第8節

大分トリニータ 1 - 0 横浜F・マリノス

得点者 : 31' 深谷友基

競技場 : 九州石油ドーム  観衆 : 16,433人  主審 : 松村 和彦

人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

タグ : 試合@2008

左膝痛でずっと離脱中だった竜二。

30日に行われる横河武蔵野FCとの練習試合で実践復帰の見込みだとか!!

ずっと待ってました。

無理はして欲しくないけど、練習試合に出れるということは、状態がだいぶ良いって事だよね。

竜二が戻ってきたら、マツのボランチは見納めかな?

監督がどうするのか…そんな所も楽しみなところ^^


代表合宿を辞退した佑二。

心配だったけど、明日の大分戦の出場OKみたいなので一安心。

中沢が完全合流、26日大分戦出場へ(スポニチ)

 右大腿部筋挫傷で日本代表候補合宿を辞退した横浜DF中沢が、全体練習に完全合流した。紅白戦に主力組で出場し、故障後初めて実戦形式のメニューを消化。「まだ100%とは言えない」と慎重だったが、桑原監督は「中沢は問題ない」と26日の大分戦での起用を明言した。左ひざ痛からの復帰を目指すMF河合も約2カ月半ぶりに紅白戦に出場。30日の横河武蔵野FCとの練習試合で実戦復帰する見込みだ。

人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜F・マリノス - ジャンル : スポーツ

3710984979.jpg

去年も一時話題に上った、「俊輔復帰」のお話。

個人的には、F・マリノスでプレーしていた俊輔を見たことないので…

「F・マリノス復帰」という感じは受けない。

俊輔のチャントとかも知らないし、戻ってきたら単純に新加入という感じかな^^;

10億も払って戻ってきてもらう必要があるのか?という疑問はあるものの…

F・マリノスのユニを纏った俊輔のプレーをスタジアムで見ることが出来るなら、それは楽しみです♪

中盤には健太、兵藤、乾、宏太など、期待度の高い攻撃的なMFがいるF・マリノス。

功治や俊輔がいれば、そんな彼らにも良い刺激になる気がするし!

今年は今年で非常に先が楽しみなわけで、来年の事を考えるにはまだまだ早いけど…

こんな事に少しワクワクするのもアリでしょう(笑)

功治と俊輔が並ぶ中盤…代表とF・マリノス。どっちで実現するかな~。

F・マリノスでは当然だけど、代表でもNo.10は功治がいい!

と、こんな所でこのお話はオシマイです。最後まで読んでくださった皆さん、ありがとうございます。


俊輔の横浜復帰…「早くても来年1月」(スポニチ)

 セルティックMF中村の来年1月以降の獲得を目指す横浜の斎藤社長と木村チーム統括部長が22日、グラスゴー市内でセルティックのピーター・ローウェルCEOと会談を行った。斎藤社長は「(中村獲得について)具体的な話はしていない。ローウェルさんからは“中村にはできるだけ長くプレーしてもらいたい” と言われた。中村の復帰は早くても来年の1月になる」と説明。サポーターやスポンサーが中村の横浜復帰を熱望していることをセルティック側に伝えたという。(グラスゴー・中島大輔通信員)

 ≪治療に専念…練習不参加≫MF中村は左足首痛のため22日の練習を欠席し、クラブハウス内でアイシングなどの治療に専念した。21日の練習中にMFロブソンとの接触プレーで負傷。ジャンプした着地の際にひねったが「そんなに痛みはない」と話しており、27日のレンジャーズ戦出場に支障はなさそうだ。


横浜M、俊輔獲りへセルティックと会談(スポーツ報知)

 【グラスゴー(英国)22日】横浜Mの斎藤正治社長と木村浩吉チーム統括部長が22日、MF中村俊輔(29)が所属するセルティック幹部と会談を持った。横浜Mは同選手の来年1月の獲得を目指している。

 ローウェル最高経営責任者、ジョンパークスポーツディレクター、中村の代理人でもあるロベルト佃氏を含めた5人で約1時間半の話し合い。セルティック側からは業務提携も提案された。「セルティックは米国のチームとも提携しているらしく、マリノスともできれば日米欧のトライアングルもできると言っていた」と話し、今後は前向きに検討していくという。


横浜が俊輔獲得へ社長とGM渡英(日刊スポーツ)

 横浜の斎藤正治社長(58)と木村浩吉GM(46)が21日、来年1月のMF中村俊輔(29)獲得へ向け、所属のセルティックを訪問するため英国へ出発した。当初は今夏の獲得も検討されていたが、同社長は出発直前にチームづくりや営業戦略上の問題から「来年1月の獲得が現実的」と明言。23日までの現地滞在中に、ローウェルCEOと初会談を持ち、まずはクラブ間の良好な関係づくりをはかる。

 地元育ちのスター中村は横浜にとって、もはや戦力を超えた存在だ。集客増やスポンサー獲得など波及効果も絶大とみられ、今年1月には斎藤社長が中村の代理人を務めるロベルト佃氏と初対談している。一方、放出拒否の構えだったセルティックも、ここにきて方針転換。ストラカン監督は20日、横浜幹部の渡英を踏まえ「もし来季終了後に彼が日本に帰りたいと言ったら、我々は両手を挙げて『分かったよ』と言うしかない。今まで要求をはるかに超える仕事をしてくれたから」と初めて「移籍」を容認する発言を行った。

 中村とセルティックの契約は、現状では08-09年シーズン終了まで。もし指揮官の言うとおり、来季終了まで残留した場合、移籍金ゼロで横浜が獲得できる。10億円近い移籍金を、セルティックが放棄するとは考えにくい。中村と再度複数年契約を締結するか、契約期間内の来年1月の移籍を認めるかの選択になる。

 中村本人も横浜復帰に前向きなこともあり、来年1月を“Xデー”にするにはメーンスポンサーの日産自動車などの理解を得ることとセルティックと遺漏なく交渉を進めることが必要。「アクションを起こしていかないと」と木村GM。まずは自らの渡英で、セルティックに誠意を示す。


中村俊輔獲得へ初交渉…横浜M&セルティック首脳会談(サンスポ)

 【グラスゴー22日=佐々木誠通信員】横浜Mの齋藤正治社長が22日、MF中村俊輔(29)の所属するセルティックのクラブ事務所を訪れ、ローウェル最高経営責任者らと会談。俊輔獲得に向けた初交渉を行った。「あいさつをしました。サポーターが待ってるし、スポンサーからも『復帰はいつ?』との話があると伝えました」と齋藤社長。会談でローウェル氏は「できるだけ長くナカムラをホールドする」とし、22日付英夕刊紙イブニング・タイムズは今季で切れる契約の1年延長を提示することを報道。同社長も「今年の夏はない。どっちにもメリットがない」と改めて来年1月以降の移籍実現を目指す意向を示した。

 会談では、クラブ間の提携や今夏の親善試合の話題も出たという。


横浜M、中村復帰で交渉へ セルティックは残留希望(スポーツナビ)

【グラスゴー(英国)22日共同】Jリーグ1部(J1)横浜Mの関係者がスコットランド・プレミアリーグ、セルティックのMF中村俊輔(29)を復帰させるため英国入りし、今週中にセルティックと交渉することが22日分かった。
 21日付の英スコットランドの夕刊紙イブニングタイムズ(電子版)によると、セルティックは今季で契約が切れる中村に、1年の契約延長を提示する準備を進めているという。
 セルティックのストラカン監督は同紙上で「われわれは中村をもう1年、必要としている」と残留を希望。一方で「彼が自分のイメージ通りプレーできなくなってから帰国したいとは思わないだろう」とし、中村が近い将来に日本に戻る可能性も否定しなかった。


横浜マリノス「俊輔獲り」に本腰(デイリースポーツ)

 セルティックMF中村俊輔(29)の獲得を目指すJ1横浜Mの齋藤正治社長(58)と木村浩吉チーム統括本部長(46)が21日、初の直接交渉のため、成田空港からスコットランドに出発した。

 日本最高のファンタジスタ復帰に向け、横浜Mが本格始動した。横浜Mは来年1月の獲得を目指し、「(古巣に復帰したい)俊輔の気持ちもあるし、何らかのアクションを起こさないといけない」と木村統括本部長。スコットランドに出向き、セルティック側、中村俊の代理人を務める佃ロベルト氏と接触する。

 条件面の下交渉も開始する。約8、9億円とされる移籍金の大幅減額を目指してセルティック側と調整する意向。また年俸体系や、一部でチームと重複する個人スポンサーの調整もあり、木村氏は「話すべきことは山ほどある」と語った。

 また木村氏はセルティック訪問後に新戦力発掘と育成制度研究などのため、欧州視察を行う予定。元J1千葉の祖母井氏がGMを務める仏グルノーブルなどを訪れる見込みだ。日本の至宝奪還と名門復活の悲願に向け、精力的に動き出す。

人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

NEC_0012.jpg

ホーム連勝もここでストップ。

人数をかけて守られゴールが遠かったけど、セットプレーから追いつけて良かった。

勝ち点0と勝ち点1では相当違うから、ボンバーヘッドは値千金!!

ただ、前半の押している時間帯に点が取れていれば…という気もしたけど。

リーグ初スタメンの兵藤。

前半のミドル、後半のオーバーヘッドなど見せ場もあり、なかなか良かったと思う^^

オオシはそろそろ決めてくれないと。

FWではチーム唯一のリーグ戦フル出場だけに…札幌戦以降ゴールがないのは困る。。


ホーム3連戦が終わり、来週は大分。残念ながら行けません

去年は3-0で快勝、そして豊後牛の美味しい焼肉、別府温泉を満喫した最高の遠征だっただけに…

今年も行きたかった。。お土産は勝ち点3でお願いしますっ(笑)



2008 Jリーグ Division1 第7節

横浜F・マリノス 1 - 1 清水エスパルス

得点者 : 46' 西澤明訓 85' 中澤佑二

競技場 : 日産スタジアム  観衆 : 19,763人  主審 : 西村 雄一

人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

タグ : 試合@2008

0075.jpg

やっぱ、ボンバーの話題が中心ですね。

横浜救った!今季初ボンバーヘッド(スポニチ)

 【横浜1―1清水】今季初のボンバーヘッドがチームを救った。0―1で敗色濃厚となった後半40分。横浜DF中沢佑二(30)がMF山瀬功からの右CKに反応した。「みんなが相手をブロックしてくれたので思い切って(ゴール前に)入っていけた」。ニアサイドに走り込み頭を突き出すと、ボールはゴール左隅に吸い込まれた。昨年11月18日の千葉戦以来となる今季初得点。リーグ通算18ゴール目が値千金の一撃となった。

 不安を抱えながらピッチに立っていた。16日のナビスコ杯大宮戦から中2日の強行日程。前半途中に右太腿に痛みが走り、ハーフタイムにはドクターに診察してもらった。「前半でやめようかと思った」と振り返るほどの状態だったが、執念でネットを揺らした。チームは今季ホームでナビスコ杯を含めて5勝1分けと無敗をキープ。勝ち点を13に伸ばし、上位戦線に踏みとどまった。

 21日からは日本代表候補合宿に参加予定。寺田(川崎F)に加えて高木(清水)が追加招集され、最終ラインには初招集選手が並ぶが「初招集組に負けないように自分もフレッシュな気持ちでやりたい」と力を込めた。30歳を迎えた今季のテーマは「しゃかりき」。日本屈指の大型DFは、チームと同様に岡田ジャパンでもフル回転する。


横浜M・中沢、岡田監督へアピールするボンバーヘッド弾!(サンスポ)

 J1第7節第1日(19日、横浜M1-1清水、日産ス)横浜Mは日本代表候補DF中沢佑二(30)の劇的ヘッドで清水に1-1ドロー。“日本最強センターバック”が、ホーム不敗継続へ導いた。

 “日本最強”を証明する一撃だった。0-1の後半40分。日本代表候補MF山瀬功の右CKに誰より早く、高く、中沢が飛び込む。ボンバーヘッドから放たれたシュートがゴールへ吸い込まれると、右こぶしを力強く握り絶叫した。

 「勝ちたかったというのはあるけど、最終的に負けなかったのは良かったのかなと思う」。ホームでの公式戦6戦連続完封はならなかったが、それを打ち消す同点弾。「マスコミの方が無失点とか、負けないとかあおるので嫌な感じはあった。あまり触れないでください」と笑うが、今季ホームの不敗神話を「6」に伸ばした。

 まさに“頭”でのゴールだった。「前半から(相手DF)青山が後ろの方で守っていたので、オレがファー(ボールの遠いサイド)に行くというスカウティング(分析)があったのかも」。相手の特徴を理解した上でのプレー。試合中に右太もも外側を痛めたが、それも精神力で克服。21日からの代表候補合宿も予定通り参加する見込みだ。

 同合宿に向け「フレッシュな選手が多いので、負けないようにしたい」と中沢。日本代表・岡田監督が視察した試合で放った存在感。新顔が続々招集された代表DF陣だが、屈強なフィジカル、J通算18点目の得点力を誇るこの男の地位は、揺るぎそうにない。


中沢ヘッドで横浜Mドロー…J1第7節(スポーツ報知)

 ◆J1第7節第1日 横浜M1―1清水(19日・日産スタジアム) 横浜Mがボンバーヘッドの一撃で今季ホーム不敗を守った。1点を追う後半40分。右CKから日本代表DF中沢が強烈ヘッド。左隅に突き刺した。CKの直前、「マツさん(松田)がコミ(小宮山)に(相手DFをブロックするよう)言っているのが聞こえた。思い切って入っていけた」中沢はフリーのチャンスを見逃さなかった。

 この日は新人MF兵藤がリーグ戦初先発。後半20分、「体が勝手に動いた」という圧巻のオーバーヘッドシュートを見せるなど決定機に絡んだ。相手GK西部の好セーブに阻まれはしたが、観戦した日本代表の岡田武史監督が「兵藤はいいね」と話すなど、積極的なプレーを披露。最後までチャンスを作り続けた横浜Mが、土壇場で追いついた。これで今季ホーム公式戦は5勝1分け。今季初得点に「同点ゴールはみんなのおかげ」と中沢は感謝の気持ちを忘れなかった。


中沢 不屈の同点弾だ!後半40分に値千金(デイリースポーツ)

横浜Mは後半40分、DF中沢佑二(30)の今季初ゴールで、清水と1-1で引き分けた。

 不屈のボンバー弾がさく裂した。1点を追う後半40分、MF山瀬功の右CKにDF中沢が飛んだ。MF松田らが相手DFをブロックしてフリーになると、長髪を振って同点弾をネットに突き刺した。今季初ゴールが、敗色濃厚だった横浜Mに勝ち点1をもたらした。

 後半1分、右CKからFW西沢に先制弾を献上し、ホームで公式戦初失点。A代表の中沢、栗原、U-23代表の田中裕で構成する日の丸3バックが初めて決壊した。だれもがホーム初黒星を覚悟した中での値千金弾に「後で“ここで負けなくてよかった”と思うようになる」と自画自賛だ。

 試合直前に原因不明の右太もも痛が発覚したが、執念でフル出場。その闘志が負け試合を引き分けに変えた。現時点では21日から代表候補合宿に合流予定。「また新しい選手が入ったし、雰囲気をよくしないと」。がけっぷちの岡田ジャパンに不屈の魂を植え付ける。


【評】横浜Mが追いつく 横浜M1-1清水(スポーツナビ)

 先制されたものの、終始ペースを握っていた横浜Mは後半40分に山瀬功の右CKを中沢が頭で決めて追いつき、引き分けた。清水は少ないチャンスを生かし、後半立ち上がりに西沢のヘディングで均衡を破ったが、逃げ切れなかった。


試合終了後の各選手コメント(J's GOAL)

●兵藤慎剛選手(横浜FM)
「(前半、フリーで打った)1本目のシュートは甘かったと思った。(後半の)オーバーヘッドのシュートは感触が良かったので入ったかなと思ったけど、ポストに当たって悔しかった。失点は、やられてはいけない時間帯に取られてしまった。前半、先取点を取れる場面があったので、そこで点が取れていればよかったと思う」

●山瀬功治選手(横浜FM)
「(パスの)出し手と受け手の意識をチームとして持たないといけない。負けなかったのは良かったと思う。今日の内容は最近のF・マリノスのサッカーとしては、多少良くなかった。修正面を修正していかないといけない」

●中澤佑二選手(横浜FM)
「同点ゴールは(山瀬)功治がいいボールを上げてくれたし、コミ(小宮山)が相手のマークを外してくれた。自分だけでなく、皆の力でつかんだゴールだと思う。今日のような試合を“負けなくて良かった”と、今の時点で決め付ける必要はない。1年経ってみて、初めて評価できるものだ」

●本田拓也選手(清水)
「守備のバランスを崩さないように意識した。特にクサビのパスコースを消すことを意識した。(クサビを入れられると)相手の両サイドが押し上げてくるので入れさせないようにした。今日は山瀬(功治)さんを自由にさせないことがいちばんの仕事で、決定的な場面は作らせなかったと思う」

●青山直晃選手(清水)
「相手はトップスピードで攻めてくるので、それを遅らせることで一杯一杯だった。一発(の攻撃)でやられなくてよかったと思う。前半は守備ラインが下がりすぎて、相手選手へのアプローチが遅かった。もう少しラインを高くして守備のアプローチを早くすればよかった」

人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

21日~23日に行われる代表候補合宿。

これに、岡ちゃんが監督になってから初めて勇蔵が招集!!

いやー、もうワクワクです♪

今野とか阿部ちゃんをCBで使うなら、全然勇蔵の方がいい!

と思うのは、マリサポだからでしょうか^^;

で、他にはさりげなく中村直志や永井などの名前も入ってる。

そして、高原。なんでいるの?って感じなんですが

ちなみに。

少しだけ「マツが呼ばれないかな?」という期待もあったんだけど…

やっぱり名前はなしもう代表とは縁がないのかなぁ。。。

CBに戻って活躍したら、呼んでくれないかな…と、そんな事も思ったのでした

人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

2勝1分で首位キープ^^
勝ち試合の後に色んな記事を読むのは気分が良いですね♪


ロニー2得点!横浜4点快勝(スポニチ)


 【横浜4―0大宮】横浜は大宮の守備のミスをついて、4点を挙げた。今季から加入したFWロニーは2得点と存在感を示し、「いい雰囲気でプレーできている。みんなの力が一つにつながって、勝利をもぎとった」と笑みを浮かべた。

 もっとも大宮は控え選手中心のメンバー構成で、勝って当たり前と言ったところ。桑原監督は「相手はリーグ戦をにらんだメンバー。やりにくかったが、集中力を切らさなかったのは良かった」と淡々と話した。


ロニーだ!坂田だ!横浜“天敵”退治(スポニチ)

 【横浜4-0大宮】横浜が苦手の大宮から約2年8カ月ぶりの勝利を挙げた。FWロニーの2得点、FW坂田の今季初ゴールなどで4―0の圧勝。大宮戦は05年8月14日のナビスコ杯で3―1で勝ったのを最後に8試合も白星から遠ざかっていただけに、シュート17本を浴びせてうっ憤を晴らした。桑原監督は今後の過密日程を考慮して、後半21分にMF山瀬功を途中交代させる余裕の采配。ボランチで先発したルーキーMF兵藤が積極的な攻撃参加を見せるなど収穫の多い一戦となった。今季ホームでは5戦全勝で、11得点無失点。それでもDF中沢は「後半はマークがルーズになったし反省すべき点はある」と気を引き締め直した。


横浜新外国人ロニーお目覚め/ナビスコ杯(日刊スポーツ)

 横浜期待のストライカーがついに目覚めた。新外国人FWロニーが2ゴールで圧勝劇を演出した。前半16分にはこぼれ球に走り込み、正確な左足ミドル弾でゴール右端を揺らした。後半7分には、ペナルティーエリア右端に弾んだこぼれ球に鋭く走りこみ、GKと交錯しながらもたくみにシュートをゴールに流し込んだ。

 「だいぶ連係もうまくいくようになった。みんなのおかげで取れた2点」と満足げだった。


横浜4発で苦手大宮に勝った/ナビスコ杯(日刊スポーツ)

 横浜が“オレンジののろい”をついに解いた。大宮を4-0と圧倒し、公式戦での同カード2年半ぶり白星を挙げた。前半3分に、幸運にも相手オウンゴールで先制したのがきっかけだった。開幕からスランプだったFWロニーが2得点。FW坂田も今季初得点を挙げた。相手に退場者が出たこともあり、危なげなく逃げ切った。

 相手が主力を温存した一戦だが、ジンクスを打ち破ったのは大きい。選手の中には「オレンジ色のユニホームを見ただけで、ウチはうまくいかなくなる」と話す者もいた。それを知ってか大宮は、アウェー戦ながらホーム同様のオレンジの試合着で臨んできた。「ウチの苦手意識を突いてきたのかな?」と斎藤社長も苦笑していたが、試合ではゴールラッシュで、イヤな予感を吹き飛ばした。

 「ずっと勝ててなかったので良かった」とDF中沢。昨年末からのホーム公式戦6連勝は、実に3年半ぶりの記録。しかも苦手をなくしたことで、好調横浜が復権への階段をまた一段上がった。


【評】前半に突き放す 横浜M4-0大宮(スポーツナビ)

 横浜Mは前半3分にオウンゴールで先制。同16分にはロニー、同34分には坂田が決めて、突き放した。中盤を完全に支配すると、中沢を中心にした厳しい守備で得点を許さなかった。大宮はプレーが雑で、守備陣の連係も悪かった。


横浜M4点!首位守った…ナビスコ杯(スポーツ報知)

 ◆ナビスコ杯第3節D組 横浜M4―0大宮(16日・ニッパツ三ツ沢球技場) 完全に勢いの差が出た。横浜Mは開始3分、DF栗原のロングボールから大宮DF丹羽のバックヘッドがオウンゴールとなり先制。その後、FWロニーが2発、FW坂田が1発を決め、4―0と完勝した。大宮からの白星は05年8月14日のナビスコ杯以来9戦ぶり。D組首位も守った。

 選手層の厚さが違う。負傷離脱中のMFロペスの代役で先発した新人MF兵藤が攻守にわたり精力的なプレーで貢献。先制点を演出した栗原は17日発表の日本代表入りが期待され、今後の日の丸を担う逸材。ベテラン松田は「(栗原)勇蔵のところから点が取れたのが大きかった。兵藤も良かったし、毎試合強くなっている」と手応えを口にする。今季のホーム公式戦はこれで5戦全勝。王者復活に向け、確実に階段を上っている。

 ◆大宮“奇策”裏目大敗 ○…前節のリーグ戦、千葉戦から先発9人を入れ替えた布陣で大敗した大宮。2点を追う前半34分にDF西村が2枚目の警告で退場するなど最悪の展開。以前、コーチを務めた古巣に完封負けを喫した樋口靖洋監督(46)は「残念な結果」としながら、「今一番いい選手、状態のいい選手を選んだ。新たな発見もあった」と前を向いた。



勝った!休めた!横浜M・山瀬功ニンマリ、3点目をアシスト(サンスポ)


 ヤマザキナビスコカップ1次リーグ第3節(16日、横浜M4-0大宮、ニッパ)最高の形で苦手・大宮を撃破した。前半34分、横浜Mの日本代表MF山瀬功が右足FKでFW坂田のヘッド弾をアシスト。数的優位に立つ状況での3点目を導き、D組首位キープを決定づけた。

 「連戦? 全然大丈夫です」という山瀬功だが、まさに理想の展開。チームでは連戦が続き、21日から合宿が始まるA代表、U-23代表選手にとっては、代表の練習試合を含めて25日間で8試合が組まれる。大宮がリーグ前節から9人もの先発を入れ替える中、横浜Mはベスト布陣で臨み、早々に主力を交代させる余裕をみせた。

 3月のW杯予選・バーレーン戦で先発後、Jではフル出場を続けていた山瀬功も後半21分、今季初の途中交代。12分後には弟の幸宏も出場する“兄弟リレー”で完封勝利。チーム、代表にとって貴重な“休息”となったのは間違いない。

 「チームとしてやろうとしていることができてきている」と山瀬功。最近8戦で4分け4敗の相手を破り、今季ホーム5連勝。この勢いは、しばらく止まりそうもない。



試合終了後の各選手コメント(J's GOAL)


●ロニー選手(横浜FM):
「とてもうれしい。決めたのは自分だが、チームメートのおかげで生まれたゴールだ。試合を重ねるごとに、コミュニケーションもコンビネーションも良くなっている。F・マリノスは家族のようなチーム。いい雰囲気の中でサッカーができているので、勝利につながっている」

●中澤佑二選手(横浜FM):
「相手が一人少なくなって、守備のマークがルーズになったことは反省しなければいけない。無失点で勝てたのは良かったが、もっと良い終わり方をしたかった。連戦を考えた体力温存は考えていない。どの試合もシャカリキになって、やっています」

●榎本哲也選手(横浜FM):
「大宮のメンバーも普段と面子が変わっていただけに、そういうときは気も緩みがちになる。だから、前から積極的に行こうと話していた。それがオウンゴールを呼んで、モチベーションも上がったと思う。今日は、最後まで皆集中できていたと思う」


●青木拓矢選手(大宮):
「最初にゴールを決められ、それからグダグダになったので、攻撃の流れを変えられたらいいなと思った。(監督からの指示?)みんな足が止まっていたので、走って流れを変えろと言われた。今日は(J1)初出場だったので、思い切っていこうと思っていた。全然ダメだった。もっと顔を出して基点になっていきたい」

●小林慶行選手(大宮):
「ゲーム自体は、すごく悪かったかというとそうではなかった。一番してはいけないところでのミスというか、やってはいけないことをしてしまった。失点に絡むところのミスを繰り返しては絶対にいけなかった。それが後半に出て失点してしまった。ただ、ああいうのは連係の部分なので難しい。ああいう失敗を次は絶対にやってはいけない」


人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

NEC_0010.jpg

前半の3ゴールで勝負あり!

今シーズン、ホームゲームは5戦全勝!しかも、全試合完封勝ちというのは気持ちが良いね♪

開始早々にオウンゴールで先制出来たのはラッキーだったけど…

その後、すかさずロニーのミドルシュートで追加点。サイドネットを揺らすいいシュートだった!!

そしてそして、セットプレーからサカティも初ゴールを決めてくれた。

後半にロニーが2点目を決めて以降、ダレた感じがあったけど…

最後まで失点せずに終えてくれて良かったです♪



2008 ヤマザキナビスコカップ グループD 第3節

横浜F・マリノス 4 - 0 大宮アルディージャ

得点者 : 3' オウンゴール 16' ロニー 34' 坂田 大輔 52' ロニー

競技場 : ニッパツ三ツ沢球技場  観衆 : 6,437人  主審 : 岡田 正義

人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

タグ : 試合@2008

今日の大宮戦はサカティが先発とのこと。

オオシと組むのかな?

今シーズンのサカティ、出場時間が少ないながらも、決めれるチャンスは何度もあった。

でも…まだノーゴール。。

今日こそは決めてもらって、苦手大宮から勝ち星を!!

横浜“天敵”討ちへ坂田、兵藤起用(スポニチ)

 横浜が“天敵”から約2年8カ月ぶりの白星を狙う。16日のナビスコ杯で対戦する大宮には05年8月14日のナビスコ杯で3―1で勝ったのを最後に最近8試合(4分け4敗)勝利がない。それでも今季から就任した桑原監督は「今年から監督になったので私には関係ない」と苦手意識がないことを強調。FW坂田、MF兵藤を公式戦4試合ぶりに先発起用して、不名誉な記録をストップさせる。


人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

サカティ

フリーペーパーのjob idem。

先週の功治に続き、今回はサカティのインタビューありです♪

そういえば、サカティのインタビューってあんまり読んだ事なかったかも。

人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

なんと言っても… ロニーGO!ロニーGO!ロニーGO! でしょ♪

というわけで、待ち焦がれていたロニーのJ初ゴール^^
ここまで長かった。次こそは…!次こそは…!と言い続け、思い続けて迎えた第6節。シーズン前の練習試合を見ていた時はどうなるかと思ったもんだけど…シーズン始まってみれば動きは良かっただけに、ゴールという結果がとにかく欲しかった。それがようやく生まれた…というのは嬉しくてたまらない!!助っ人選手にこんだけ愛着が沸くのは、ロニーが初めて。

そして、F・マリノスの中盤に欠かすことが出来ないプレイヤー、山瀬功治。
「功治が決めると負けない」という不敗神話も25試合継続中。この試合では、今シーズン初となる本来のトップ下に入り躍動。ドリブルにキレもあったし、積極果敢にシュートを狙っていく。シュートの精度がもう少しあれば…とも思ったけどね^^;決まらなくても枠内に飛んでいれば、さらなるチャンスに広がる可能性があるし!やっぱり、ボランチよりも前で見たいのがホンネ。

そういや…柏サポの方のブログを巡ってたら、「今のホイッスルはオフサイドです」に食いついている人がいてくれて、なんだか嬉しかった(笑)。あれを最初に見たときは吹いたよ…親切なんだか余計なお世話なんだか分からないし^^;



2008 Jリーグ Division1 第6節

横浜F・マリノス 2 - 0 柏レイソル

得点者 : 14' ロニー 71' 山瀬 功治

競技場 : 日産スタジアム  観衆 : 20,026人  主審 : 松尾 一

人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

タグ : 試合@2008



遂にロニーが決めましたね~!良かった良かった^^

横浜MF山瀬が破壊力で柏DF粉砕/J1(日刊スポーツ)

 横浜MF山瀬功治(26)が、破壊力あるドリブルと1得点で、柏守備陣を粉砕した。今季初めて本職のトップ下で先発、本来の攻撃力を発揮し、2-0の勝利の立役者になった。6月にW杯予選4連戦を控える日本代表にとっても、頼もしい好調ぶりだった。

 DFが束になっても、山瀬功の突進を止められなかった。柏戦の前半31分、左サイドでパスを受けると鋭く反転。ゴールに向かってドリブルで加速した。DF3人を一気に引き離し、ペナルティーエリア内に進入。左足シュートはクロスバーをたたいたが、たった1人でも決定機をつくる破壊力を見せつけた。

 「自由に、しばられず、やらせてもらいました」と山瀬功。今季はMFロペスの加入で、開幕からボランチに下がった。その中で「3列目に入って、相手が嫌がる前線への飛び込み方が分かった。(敗れた3月のW杯予選)バーレーン戦でトップ下に入った時も、ボランチ同様に自由にボールを受ければよかった」とヒントを得ていた。

 本職に戻った柏戦では、重戦車ばりの迫力あるドリブルで、相手守備陣を圧倒。柏DF古賀も「国内でトップの突破力。対処するために、DFラインを下げざるを得なかった」と白旗を掲げた。バイアスロンの五輪選手だった父功さん譲りの足腰が、スピードが増すにつれ、沈み込むように安定する。ドリブル突破から計4度も好シュート。後半26分には左クロスに合わせて得点も決めた。

 馬力の秘密は食にもある。9日夜、弟の横浜MF山瀬幸と夫人を伴い、焼き肉ディナーに。兄は弟の2倍以上の肉やホルモンを食べた上、洗面器大の器の特盛ビビンバを完食。冷めんまで平らげたという。山瀬幸は「奥さんはこれでも普段より少ないと言ってました。あれだけ食べるから今日みたいな馬力が出るのかな」と振り返った。

 日本代表にとっても、山瀬功は重要な武器だ。3月のバーレーン戦に敗れ、6月のW杯予選4連戦は負けられなくなった。堅守のオマーン、バーレーンとのホーム戦では、引き分け狙いで守りに入る相手を崩さなければならない。DF3、4人を引きずりながらでも突き進む山瀬功のドリブルは、攻め手のない苦境で格好の「打開策」だ。

 決めれば負けない勝ち運も持つ。この日で、得点したクラブ公式戦と日本代表戦での無敗記録を、25試合連続に伸ばした。横浜にとっても岡田ジャパンにとっても、頼もしい存在だ。


横浜Mは「山瀬弾」で完封勝ち(デイリースポーツ)

 横浜Mが、日本代表のMF山瀬功治(26)のゴールなどで、柏に2-0で完封勝ちした。東京ダービーマッチは、FC東京が2-1で東京Vに逆転勝ち。9日に体調不良を訴えて入院した関塚隆監督に代わり、高畠勉コーチが指揮を執った川崎は、大分と0-0で引き分けた。名古屋は清水に2-0で勝ち、勝ち点16で暫定首位に浮上。同15の鹿島は13日に浦和と対戦する。

 鉄人弾だ。1-0で迎えた後半26分。日本代表のMF山瀬功が左サイドからの折り返しを確実に合わせ、柏にとどめを刺した。バーレーン戦で先発したトップ下とボランチのうち、帰国後にフル出場しているのは山瀬功だけ。「みんなが体を張って守っていた。得点で報いることができた」。再三の突破からチーム最多の7本のシュートを放った背番号10がホーム3連勝を決めた。

 ガラスのエースの面影はない。浦和時代は好調時に大けがで長期離脱を繰り返した。だが、理恵子夫人が作る、筋肉とじん帯の負傷予防と疲労回復に効果がある食事と、入念なケアで屈強な肉体が完成。今季は代表も含めて13戦7発と絶好調だが「無理せずやれている」と言う。鉄人MFが、名門復活の原動力になる。


ロニー初得点 横浜マ3位に踏ん張る(asahi.com)

 連敗を防いで上位に踏みとどまっただけでなく、好調の鹿島や名古屋に食らいつく足がかりを作った。横浜は、新外国人のFWロニーが来日初得点。アシストした「元DF」の松田はMFとして自信をつけた。

 その先取点。敵陣右でスローインを受けた松田は、相手DFを背負ったロニーの体勢を見て、得点までの流れを描けたという。「強引に振り向いてシュートまで持っていく形を何度も見せてくれていたから」。簡単に入れた縦パスだったが計算されていた。

 その通り、ロニーは一瞬でスピードを上げた。パスを受けた右足の外側で絶好の位置に球を置き、反転しながら右足の強烈なシュートでGKの足元を抜いた。

 「日本のサッカーに慣れるのに、これほど時間がかかるとは」とロニー。ブラジルの名門で大試合を経験しているストライカーだが、焦りを感じ始めていたという。「チームにとっても彼にとっても大きな1点。自分も毎試合、勉強している。これから横浜はもっと強くなれる」と松田。優勝を争う気構えを見せた試合だった。(忠鉢信一)

 ○山瀬功(横) 「後半は自分であと2、3点取れた。攻撃は自由にやらせてもらっている。フォローしてくれる人もいるのでやりやすい」

 ●李忠成(柏) 日本代表DF中沢に抑えられた。「強かった。もっとチャレンジしたかったが、まだ自分には打ち崩せないということです」


ボランチ松田2発起点 好調横浜Mけん引(スポーツ報知)

 ◆J1第6節 横浜M2―0柏(12日・日産スタジアム) ワンプレーで相手の急所を突いた。開始14分、横浜Mのボランチ松田が絶妙なタイミングで縦パス。これをFWロニーが右足で先制ゴール。「ボールを入れれば、ロニーは前にいってくれる」という松田の先制アシストがチームに火をつけた。

 後半26分の2点目も松田から。左サイドでボールを奪取し、そのままドリブルでえぐった。その後、FW坂田を経由し、MF山瀬功が左足で追加点。ゴールの瞬間、イレブン全員が松田に飛びついた。

 潜在能力の高さを証明した。今季は負傷中のMF河合の代役としてボランチでプレー。不慣れなポジションだが、イングランド・プレミアリーグを見て学ぶなど、徐々に適応した。山瀬功の得点力を生かすため、「黒子に徹するのが一番」と守備を心がけつつ、攻撃での貢献度も増加した。

 心の奥底では日本代表への思いを秘める。「それはサッカーをやめるまで持ち続ける」と松田。ホーム3連勝、暫定3位浮上を引き寄せたそのパフォーマンスは、代表復帰への強烈なアピールにもなった。

 ◆移籍以降25試合山瀬功不敗神話 ○…チーム最多の3得点目で貴重な追加点を奪った。後半26分、強烈な左足シュートでゴールネットを揺らした。「最終ラインが体を張って守ってくれてた。得点で報いることができてよかった」と笑顔。横浜M移籍以降、続いている公式戦ゴール時の不敗記録(代表戦含む)も「25」に伸ばした。

 ◆鎌田痛恨の退場 ○…痛恨の退場で反撃の糸口がついえた。1点を追う後半23分、MF鎌田がCKから相手ゴール前で不用意なハンドを犯し、2枚目の警告で退場。直後に2失点目を喫した。柏・石崎信弘監督は「残念」と肩を落とした。

人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

明日は4バックでいくようで。

システムどうこうよりも、功治がトップ下に入りそうなのが嬉しい♪

ロペスが控えに回るなら、右サイドに誰が入るのかも楽しみなところ。

横浜、柏対策で今季初の4バック(スポニチ)

 横浜は12日の柏戦で今季初めて4バックを敷くことが確実になった。10日の紅白戦で右から田中隼、中沢、栗原、田中裕が最終ラインを形成。中盤の形も変わり、今季ボランチを務めてきた山瀬功が初めて本職のトップ下、松田が1ボランチに入る。今季公式戦はすべて3バックだが、2月の宮崎合宿で4バックはテスト済み。桑原監督は「1人のFWを3人で見る必要はない」と1トップ気味の布陣を敷く柏対策であることを明かした。


横浜M、12日柏戦で今季初の4バックも(スポーツ報知)

 横浜Mが12日の柏戦で今季初の4バックを採用する可能性が10日、出てきた。これまでは3バックで戦ってきたが、この日の紅白戦で4バックをテストした。1トップが予想される柏対策に乗り出した形で桑原隆監督は「1人を3人で見る必要はない」と説明した。一方、新加入のMFロペスは古傷の右ひざの影響もあり、序盤は控え組でプレー。指揮官は「いなくなることも想定してやらないといけない」と話した。


人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

横浜M・ロニー、プレー“改良”前へ前へ(スポーツ報知)

 横浜Mに今季加入した元ブラジル代表FWロニーが9日、プレーの“改良”を掲げた。今までの試合の映像を見直すなどした結果、ボールを受けるために下がり過ぎていた点に気づいた。「もともと自分は相手のエリア内でプレーするタイプだった。ポジショニングをもう少し直していきたい」とロニー。桑原監督も我慢強く起用し続けることを明言しており、12日の柏戦(日産ス)で、まずはJ初得点を目指す。

中盤に下がってボールに触ってから前に行くことが多かったから…

てっきりそういうプレースタイルの選手だと思っていたけど…違うのか

前にいて欲しい時に中盤にいる事が何度もあったから、それが解消されると良いんだけど。

明後日の柏戦こそ、初ゴールに期待

人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

功治


功治2

毎週月曜発行の「job aidem」。

これに功治のインタビューが載ってるという事だったので、すかさず貰ってきました♪

無料で配布されてる冊子にインタビューが載るのはありがたい^^

来週のはサカティのようなので…こちらも楽しみです

話は変わるけど、今日は風が強い!

普通の傘とビニール傘、2本も壊れちゃいました

人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

大宮戦2

なんと言っても、30mくらいから決めた宏太のループシュートが圧巻!!これを見れただけでも、この試合を観に行った価値があるってもんで、土曜のグッタリ感も吹き飛ばしてくれるような素晴らしいゴールだった♪キクマリで放送してくれるといいな~。もう一度見たい。

3点目を決めた陽介は「やっとか!!」という思いの人が多かったんじゃ^^;
シュートは何本も打ってたけどなかなか枠に飛ばず、枠に飛んだ強烈なシュートも荒谷の好セーブに阻まれてゴールならず。最後の最後に決めてくれて本当に良かった!10代ラストゴール。

残念だったのは、たっくんの出場時間が10分くらいしかなかったこと。2本しかやらないなら、後半開始から使って欲しかった。。

1本目の布陣

――陽介――古部――
――――――――――
――――水沼――――
乾―――――――天野
――兵藤――小椋――
――――――――――
―金井―田代―浦田―
――――――――――
――――秋元――――


2本目(45分~69分)の布陣 ←1本目から交代なし

――陽介――古部――
――――――――――
――――水沼――――
乾―――――――天野
――兵藤――小椋――
――――――――――
―金井―田代―浦田―
――――――――――
――――秋元――――


2本目(70分~79分)の布陣

――陽介――古部――
――――――――――
――――水沼――――
乾―――――――天野
――兵藤――小椋――
――――――――――
―金井―田代―浦田―
――――――――――
――――飯倉――――


2本目(79分~終了まで)の布陣

―――乾――陽介――
――――――――――
――――山本――――
石原――――――古部
――兵藤――天野――
――――――――――
―梅井―田代―小椋―
――――――――――
――――飯倉――――




【スタジアム】
マリノスタウン

【試合結果】
横浜F・マリノス 3 - 0 大宮アルディージャ

【得点者】
73分 古部健太
77分 水沼宏太
89分 斎藤陽介

【スタメン】
GK:
36 秋元 陽太

DF:
23 田代 真一
24 金井 貢史
28 浦田 延尚

MF:
17 兵藤 慎剛(cap)
19 乾 貴士
20 水沼 宏太
30 小椋 祥平
35 天野 貴史

FW:
27 斎藤 陽介
32 古部 健太

【サブ】
31 飯倉 大樹
25 山本 郁弥
33 梅井 大輝
34 石原 卓

【交代】
70分 秋元 陽太OUT ⇔ 飯倉 大樹IN
80分 水沼 宏太OUT ⇔ 山本 郁弥IN
80分 金井 貢史OUT ⇔ 石原 卓IN
80分 浦田 延尚OUT ⇔ 梅井 大輝IN


人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

タグ : 試合@2008

豊田スタジアム

豊田スタジアムへ日帰りで行ってきました。

前半は名古屋のサイド攻撃に苦しみディフェンスの時間帯がとても多かった。マギヌンや小川はポジションを変え、玉ちゃんも中盤に下がってボールに触るなどとても流動的。一番脅威だったヨンセンは中央でドーンと構えているかと思いきや、結構サイドに流れていたのが意外だったな。
失点の場面、サイドの枚数は2 vs 2で足りていたけど…隼磨が小川に抜かれ、グラウンダーの球足の早いボールにヨンセンが合わせてゴール。名古屋の狙い通りなのだろうなぁ…と思うような攻撃だった。

攻撃は散発で、PA内に入る事が皆無。決定的なチャンスと言える場面は、ロニーのチャンスメイクから隼磨がフリーで打ったシュート1つだけだったかと。そのシュートは枠を完全に外れてしまい、ため息。プレッシャーがかかっていたわけではないし、あの場面では最低限枠に飛ばして欲しかった。

後半はF・マリノスが巻き返し!前半と打って変わり攻撃の場面が目立つも、オオシや功治のシュートはクロスバーに嫌われ、さらに楢崎の守備が光っていた。入りそうで入らない、そんなもどかしい展開のまま試合時間は着々と経過。
名古屋はディフェンスを5枚にし、前線にスピードのある杉本を入れてカウンター狙いに。その狙い通りに前がかりになった所を突かれ、カウンターから失点。完全にピクシーの思惑通り…と思わざるを得ない展開で2-0になってしまった。。。

結局、1点も返せずに試合終了。残念やら悔しいやら。
この試合も交代枠は1枚残したまま。ロペスはスタミナ切れだったと思うし、兵藤なり宏太なりに出番があると思ったんだけど。そんな風に思い、ベンチの方をチラチラ見てたけど、動く気配なし。次は交代枠使い切ってくれるかな。。

次節からナビ杯を含めホームゲーム3連戦。全部勝たないと!

名古屋戦の記事クリップ



2008 Jリーグ Division1 第5節

名古屋グランパス 2 - 0 横浜F・マリノス

得点者 : 32' ヨンセン 89' 杉本恵太

競技場 : 豊田スタジアム  観衆 : 19,193人  主審 : 前田 拓哉

人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

タグ : 試合@2008

やっぱり「決定力不足」と書かれますね。。試合の感想などは明日にでも。

決定力不足…横浜シュート17本も零敗(スポニチ)

 【横浜0―2名古屋】横浜は決定力を欠き今季2敗目を喫した。相手の9本を大きく上回る17本のシュートを放ちながら無得点。後半9分にFW大島の左足シュート、32分にはMF山瀬功の左足ボレーがバーを直撃するなど運にも見放された。桑原監督は「1点決めれば流れは変わっていた。うちらしい攻撃はあったが…」と唇をかんだ。


横浜は決定機逃し敗れる/J1(日刊スポーツ)

 横浜は後半の決定機を攻撃陣が決めきれず、優勢だった試合を落とした。0-1の後半9分には、FW大島が「狙い通りの軌道」という狙いすました左足シュート。同32分には、右クロスをエリア内で受けたMF山瀬功が、フリーで右足シュートを放った。だがいずれもクロスバーをたたき、得点には至らず。山瀬功は「外してしまって残念。力んだつもりはないですけど…」と肩を落としていた。


横浜M無得点で2敗目…中沢「反省しなきゃいけない」(サンスポ)

 J1第5節第1日(5日、名古屋2-0横浜M、豊田)ここまで3位と好調な横浜Mだが、名古屋の前に約2倍のシュートを打ちながら無得点で2敗目。後半32分、ゴール前からのシュートをバーに当てた日本代表MF山瀬功は「何を言っても外れたということに変わりはないので」と自らを責めた。後半44分には、同点狙いで前掛かりになったところをダメ押しされた。日本代表DF中沢は「反省しなきゃいけない。後ろは2対1で守ってたわけだし、しようがないで片づけられる問題じゃない」と唇をかんだ。


桑原隆監督(横浜FM)記者会見コメント(J's GOAL)

●桑原隆監督(横浜FM):

「なかなか点が取れず、後半も名古屋さんの方が徹底した守備をしてきた中、そこをこじ開けられませんでした。それでもうちらしい崩し方はできたのですが、ゴールに結びつけられなかった。こういうところを修正して次に臨みたいと思います」

Q:ハーフタイムの具体的な指示は?
「後半はリードされていたいこともあるので、アグレッシブにいこうということを言いました。ペナルティエリアのところでくさびを受けるような展開を予想していたので、そこのところをもっと積極的に行こうと。前半はペナルティエリアのところで少しシュートまでを急ぎすぎていた。もう少し収まるようになればと思った」

Q:名古屋のサイド攻撃に引きずられて5バックになるような形に見えたが?
「5バックになると、アウトサイドになっていって相手もリスクを負う。3枚で両サイドがずれる形になればいいと思っていたが、後半はうまくできたと思う。5バックになる時間帯になるのは、ある程度仕方ない。そうなったときは我慢するしかない。けれど、後半は前半よりうまくいったと思う」


試合終了後の各選手コメント(J's GOAL)

●田中隼磨選手(横浜FM):
「悪くはないと思うけれど、結果が出ない。開幕前に名古屋と非公開の練習試合をしたが、そのときとあまり印象は変わっていない。ヨンセンや玉田といった前線の選手に対しては嫌な感じはあった。けれど、今日は勝たなくてはいけない試合だった。後半の立ち上がりのようなことが前半からできていれば違ったと思う。前半は慌てていたというか、厚みがなかった感じ。とにかく、勝てるところを勝たなきゃいけない。そういう内容でした」


人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

セットプレーの練習や紅白戦など、なかなか密度の濃い練習だったように思う!

でも、このエントリーの内容は緩く薄いです^^;

哲也

哲也と秋元がフィードの練習。パスを出していたのは、高桑と飯倉。

秋元

で、こちらは秋元。名古屋戦でもベンチ入りな気がする。

哲也ジャンプ

松永さんが入れたボールをキャッチする練習。
哲也ジャーーーーンプ。それを見守る秋元、高桑、飯倉の3人。

飯倉

飯倉ジャーーーンプ。高桑さんはどっか見てます(笑)

両サイドの2人

両翼を務める隼磨とコミー。CK練習のひとコマ。
東京戦ではイマイチだった隼磨。名古屋戦は活躍してくれると良いけど^^;

梅井~金井

クロスを跳ね返す練習。
最初は佑二&勇蔵。右からは浦田、左からは梅井がクロスを入れてた。次は裕介&田代が中に入り、キッカーは変わらず。最後は梅井&浦田&金井(写真の3人)が中に入り、右からは勇蔵、左からは裕介がクロスを入れてた。

oosi.jpg

CK練習から大島ヒデゴール!

功治FK

FK練習中の功治。
壁の下に置いてある一人分(?)の人形。功治が壁からせっせと外してました^^;

隼磨

隼磨もシュート練習♪それに反応する哲也。明日も鉄壁の守りを見せて欲しい!

サカティ&マツ

そろそろ初ゴールが見たいサカティ。マツは良く声出てた。

監督

紅白戦前、良く通る声でディフェンスに関して指示を出す桑原監督。


さて、明日は名古屋遠征。日帰りで慌しいけど楽しみです。


人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

NEC_0004_20080403015556.jpg

功治の2ゴール1アシストの大活躍でFC東京を粉砕。

この試合は背番号10が躍動していたよ♪

先制ゴールは圧巻。ルーズボールを拾い得意のドリブル。

そして、大きな切り替えしでPA内に入り右足一閃!!これはニアを抜いた最高のゴールだった^^

ロニーは積極的にシュートを打っていたけど…

残念ながらゴールならず。初ゴールは豊スタに持越し^^;

マツは要所要所でナイスなインターセプトを見せてくれたし3点目をアシスト。活躍してくれると嬉しい^^

録画見たら、平山のハンドの場面で「クソレフリー」コールしてた東京サポ。

故意のハンドだったのに謎。見えなかったのかな。



2008 Jリーグ Division1 第4節

横浜F・マリノス 3 - 0 FC東京

得点者 : 46' 山瀬 功治 57' ロペス 89' 山瀬 功治

競技場 : ニッパツ三ツ沢球技場  観衆 : 11,670人  主審 : 扇谷 健司

人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

タグ : 試合@2008

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。