カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

訪問者数

日程

プロフィール

みら

Author:みら
マリノスのことを中心に、色々書いていこうと思ってます。

カテゴリー

ユーザータグ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MT

10時からの全体練習は、昨日のスタメン組のリカバリのみ。他の選手たち+練習生3人+ユースの2人は、11時からの練習試合に参加。今の横浜は曇天だけど、午前中は雲の切れから陽が射すと、すごい暑さでした。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

タグ : マリノスタウン

大分戦

勝ち点1という現実。2点リードしたことを思えば、もったいないけれど…。

2点目を取るまでは良い展開だったと思うし、後半は目の前で攻撃みられる!と楽しみにしていたのに、功治のPK以降は向こう側で試合が展開していて。たまにこっち側に来ても、あまりチャンスと言えるような形はなかったかな。パスミスは気になります。

最後のCKは哲也も参加。ごちゃごちゃしていて、どういう経緯でボールがこぼれたのか分からなかったけど、最後は気持ちでマツが押し込みなんとかドロー。守備で気になる点があったけど、録画でチェックすることも出来ないので、特に何も書きませーん。

次は新潟戦。とにかく勝たないと、他チームの試合結果次第では予選突破が危なくなるので、内容なんてどうでもいいので、勝ち点3を取って大宮戦に繋げて欲しいです。

大分戦記事クリップ



2009 ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ第4節

横浜F・マリノス 3 - 3 大分トリニータ

得点者 : 29' 山瀬 功治 54' 山瀬 功治 59' 小手川 宏基 81' 前田 俊介 84' 前田 俊介 89' 松田 直樹

競技場 : ニッパツ三ツ沢球技場  観衆 : 8,025人  主審 : 扇谷 健司

人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

タグ : 試合@2009

maldini.jpg

マルディーニ、今度こそ引退なんですね。

今ではJリーグが一番面白いので、海外サッカーは全く見なくなっちゃったけど、昔はミランが好きだったのでスカパーでよく見てました。で、ミランの選手で一番好きなのがマルディーニでした。なので、2007年にMTで練習を観ることが出来たのは嬉しかった!CWCの浦和戦でも途中から出てきたし、あの試合は観に行って正解でした^^

P5290198.jpg

3番といえばやっぱマツだけど、この3番ユニもお気に入りです♪余談というか、どうでもいい話だけど、HNはミランから取りました。まさか、こんなに長々と使うことになるとは思いもしなかったけど(笑)。変えるのも面倒くさいし…ということで、今に至ります^^;

ミラン一筋の名手 40歳マルディーニが引退へ(スポニチ)

 サッカーの元イタリア代表で、1部リーグ(セリエA)の強豪ACミランで長年主将を務めたDFパオロ・マルディーニ(40)が今季限りで引退する。16歳でプロデビューして以来、ミラン一筋で活躍し続けてきた名手がついにピッチを去る。

 24日、本拠地最後の公式戦でローマに2―3で敗れた。敵地で1試合を残すが、マルディーニは「勝利で飾れず残念」と話し、背番号「3」への別れを惜しむ大観衆にピッチを一周して応えた。ローマの選手たちも「ありがとう、偉大な主将パオロ」と書かれたTシャツを着て敬意を表した。ミラノのスタジアム、サン・シーロが迎えた歴史的な瞬間だった。

 この日がリーグ、欧州カップ戦などを含め、マルディーニがミランで出場した901試合目の公式戦。驚異的な数字だ。セリエA優勝、欧州チャンピンオンズリーグなど多数のタイトルを獲得。イタリア代表として126試合に出場、ワールドカップ延べ2217分出場も最多記録だ。

 1978年秋、10歳でミランに加入。ユース時代に指導したカペロ監督は「なぜプレーさせているのか?」と他チームから聞かれ「2、3年すれば分かるよ」と答えたという。そのカペロ氏すら、マルディーニが40歳まで現役を続けられるとは予想しなかったはずだ。

 主将、DFとしての抜群の能力はもとより、早くから「スポーツ選手のかがみ」とされてきた高いプロ意識、フェアプレー精神。公の場や大げさな発言を嫌う、控えめで物静かな性格。サッカー界からまた一人、貴重な存在が消えた。

テーマ : 欧州サッカー全般 - ジャンル : スポーツ

クリップボード01

岡崎の2点目を演出した佑二。
長谷部からのパスを受けて、パスを出すまでの一連の流れが上手かったですね。佑二があの位置に居たことも、あのプレーもビックリでした!ああいう上手さは、「佑二っぽくない」ような気がするけど(笑)。守備もしっかりと完封だったし、ワールドカップ予選に向けて、非常にいいスタートだったのでは♪

これでもか!というくらい18歳と連呼されていた山田直輝。A代表に入るだけあって、やっぱ技術はあるんだなぁと。共にU-17ワールドカップを戦った宏太、金井、学、端戸も負けていられませんね!まずはF・マリノスでしっかり結果を残して、代表への道を切り開いていって欲しいです。



キリンカップサッカー2009 ~ALL FOR 2010!~

日本 4 - 0 チリ

得点者 : 20' 岡崎 慎司 24' 岡崎 慎司 52' 阿部 勇樹 92' 本田 圭佑

競技場 : 長居スタジアム  観衆 : 43,531人  主審 : ???

人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

タグ : 日本代表 中澤佑二

波のむこうのかくれ島

島旅の話が収録されている作品。

九州と沖縄の中間あたりに位置する「宝島」、小笠原諸島の「父島」「母島」「兄島」「南島」、鹿児島の南に位置する「硫黄島」「竹島」など様々な島が登場。南方写真師こと垂見健吾さんが撮影したカラー写真も多く使われており、島の雰囲気が少し伝わってくる気がします。都会に住んでいると、綺麗な海はもとより、自然の緑というのはさほど周りにないので、自然の多く残る「島」というのには憧れます。

もちろん、日々の生活における利便性という点に関しては、当然の如く差がでてくるだろうし、F・マリノスの試合も行けなくなっちゃうけど(笑)、それでも実際にこういうところで「生活を送ってみたい!」と思わせてくれる作品でした。



波のむこうのかくれ島

著者 : 椎名 誠(著) 垂見 健吾(写真)  出版社 : 新潮社  出版日 : 2004/04/01


テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

聖女の救済


ガリレオシリーズ最新作(2008/10/25時点)。

犯人はプロローグの段階で分かってしまうので、殺害のトリックは如何に?という作品。最終的にそのトリックの謎が分かるまで、ちょっとダラダラしているかなぁという印象は強かったけれど、容疑者の一人に心惹かれる草薙刑事の心情なんかは、読み所のひとつです。

ちなみに、ドラマでは初回から登場していた内海刑事。今作で小説版初登場です。



聖女の救済

著者 : 東野 圭吾  出版社 : 文藝春秋  出版日 : 2008/10/25

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

発作的座談会

何かを真剣に論じるとかではなく、面白おかしく様々なことを語りぬく座談会。

参加者は椎名誠(作家)、沢野ひとし(イラストレーター)、目黒考ニ(社長)、木村晋介(弁護士)ら4人。全31偏収録で各偏にタイトルが付いていて、一応「テーマ」はあるのだけれど、最終的にはテーマから話が脱線することが多々あり、何かテーマに対する結論が出るということもなく、座談会は終わっていく…(笑)。そんな感じです。

暇つぶしにもってこいの1冊^^



発作的座談会

著者 : 椎名 誠  出版社 : 角川書店  出版日 : 1996/10/25

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

千葉戦

去年の鳥栖遠征以来、久しぶりのアウェイ参戦でした。ということで、今年初アウェイ。

そんな個人的な話はさておき、アウェイで勝ち点1を取れたことは良かったと思います。もちろん、勝負事なので勝つことが最上。だから、引き分けで満足なわけはないけど、最低限という意味で。相性の良いフクアリで負けるとなると、勝ち点含めダメージ大きいし。追いつけてよかった。

コミーが決めた値千金弾は、ボスナーのクリアボールを右足で一閃!低い弾道のファインシュートでした。前半からコミーの所をジェフに突かれていて、守備は散々な印象だったけど、最後に一仕事やってくれましたね。現在、リーグ戦でイエローカード3枚累積なので、そこが少し心配。

千真は完全にボスナーに抑えられてしまっていたし、シュートを打てるような状況でボールを持たせて貰えなかったし、不完全燃焼な印象でした。今回もアウェイ初ゴールはならず。初ゴールは、ナビ杯の新潟戦に持ち越し!お披露目されたチャント、スタジアムでは歌えたのに、今は思い出せない(><)

余談。健太、功治、兵藤と、キッカーをどんどん下げていく采配は不思議でした。最後はなぜかコミーが蹴っていましたしね。以前、「コミーはクロス上手いからCKも蹴ってみればいいのに」とか思ってた時期がありましたが、まさかこんな形で本当に実現するとは思いもよらず(笑)

千葉戦記事クリップ



2009 Jリーグ Division1 第13節

ジェフ千葉 1 - 1 横浜F・マリノス

得点者 : 50' 巻 誠一郎 88' 小宮山 尊信

競技場 : フクダ電子アリーナ  観衆 : 14,833人  主審 : 吉田 寿光

人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

タグ : 試合@2009

ヒーローインタビュー

ナビ杯1勝目!

千真はきっちりと決めてくれるし、本当に頼もしい!広島がメンバーを落としていたとは言え、東京戦が酷かっただけに、まずは勝ててホッとしました。次節は相性のいいフクアリで千葉を倒して、いい形でリーグ中断を迎えたいところ。

田代のデビュー戦は絶対にスタジアムで観たいと思っていたので、観ることができて嬉しいです!残り5分ちょい、背番号23がスタンバイしてるのが見えたときはビックリだったけど(笑)。出場時間は短かったけど、一歩を踏み出したので今後も楽しみです^^

広島戦記事クリップ



2009 ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ第3節

横浜F・マリノス 3 - 1 サンフレッチェ広島

得点者 : 2' 渡邉 千真 35' 佐藤 寿人 38' 渡邉 千真 81' 田中 裕介

競技場 : 日産スタジアム  観衆 : 9,545人  主審 : 松村 和彦

人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

タグ : 試合@2009

たねまる

勇蔵の初勝利ならず。

システム変更して臨んだ初戦。いきなり内容、結果共に良いわけもなく、押し込まれる時間帯が長すぎでした。攻撃に移ったら移ったでチグハグだったし。結果的に0-1で最小失点差での負け。飯倉のフィアンセーブがなかったら、どうなっていたか分からなかった…。

新しいチャレンジに失敗はつきものなので、このまま4バックを熟成させる方向に期待したいです。幸い、監督のコメントを読むかぎり、引き続き4バックでいきそうなので良かった。次はナビ杯の広島戦。中3日だけど、イメージ共有というか、連携を少しでも深めて、開幕戦のリベンジを!

昨日はたねまるも来てました。

東京戦記事クリップ



2009 Jリーグ Division1 第12節

横浜F・マリノス 0 - 1 FC東京

得点者 : 62' 中村 北斗

競技場 : 日産スタジアム  観衆 : 20,349人  主審 : 村上 伸次

人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

タグ : 試合@2009

勇蔵01

久しぶりにMTへ。全体練習に合流した勇蔵の姿を観られたのが良かったです。全体練習に不参加なのは、ジロー、河合の2人。河合は途中から出てきて、走ってました。

続きを読む »

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

タグ : マリノスタウン 栗原勇蔵

闘争人

先行販売の日に、しっかり購入しました♪

半生記ということで、少年時代、ユース年代、プロデビュー当時、トルシエジャパン、ジーコジャパン、そしてそれ以降の話とか、ひたすらサッカーに打ち込んできた「松田直樹」の記録。俺は松田ファンなので楽しく、興味深く、あっという間に読むことができました。同じような作りで、佑二の本も発売されたら、読んでみたい。

勇蔵のインタビューで、「マツさんはトータルで優れてる。メンタルは別だけど(笑)」と言われているのが、なんだか可笑しいです。その通りだと思うけど(笑)。そうであっても、闘志溢れるプレーを見せてくれるからこそ好きなわけで、それが悪い方に出るときもあるけど、それはそれで「らしさ」だと思うし。

これから先も、闘志溢れるプレーでスタジアムを沸かせて欲しいです!



闘争人 松田直樹物語

著者 : 二宮 寿朗  出版社 : 三栄書房  出版日 : 2009/04/30


人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 松田直樹

夕凪の街

原爆を扱った作品。家にある、数少ない映画のDVD。映画自体についてはwikiなど参照で。

これを観ると、もう一度広島へ行きたいなぁと思います。前に行ったのは(最初で最後だけど)、2007年の3月31、4月1日。ちょうどキリのいい日付だったので、しっかり記憶に残ってます!(笑)。31日はF・マリノスの試合で、ウェズレイのJ1通産100ゴール目を決められたけど、3-1と逆転勝ちし、翌日は平和記念公園へ。

初めて目にする原爆ドームは圧巻でした。写真とかTVの映像で見たことあっても、自分の目で直接見るというのはインパクトがあります。資料館を見た後は、平和で健康な体なのは幸せなことだーとしみじみ思いましたね。ただ、選挙カーのやかましい声が流れていたので、同時にウーム…とも思いましたが(笑)。

劇中の「原爆は落ちたんじゃのうて、落とされたんよ」という台詞は、麻生久美子の話し方を含めて印象的。また、違った意味で田中麗奈と中越典子がプリンセス・プリンセスのDiamondsを熱唱する場面も印象的です(笑)。どんなシーンなのかは、是非DVDを観てみてくださーい!

さて、今年のアウェイ広島戦は9月12日(土)。なんとかして行きたい。

テーマ : 今日見たDVD - ジャンル : 映画

sca0905091929014-p1.jpg

勝利!!遂にアウェイで勝ちました♪

飯倉のキャッチミスには唖然だったけど、前半のうちに逆転できて安心でした。マツの復帰は来週の東京戦かなーと思っていたので、スタメンにはビックリ。負傷の影響も感じさせず、むしろ余裕のあるプレーを見せてくれましたね。裕介のゴールのアシストとなったフィードも見事!

千真のアウェイ初ゴールは、またしてもお預け。なかなか決まりません。見せ場は…CKからの強烈なヘディングくらいですかね。次のアウェイはフクアリ。今年は全然アウェイへ行けず留守番組だったけど、フクアリへは行けます!目の前で千真に決めてもらいたいです。

と、その前に来週末は東京戦。そろそろ勇蔵も復帰できそうみたいだし、小椋の出場停止もあけるし、メンバー編成がどうなっていくのか注目です。

大分戦記事クリップ



2009 Jリーグ Division1 第11節

大分トリニータ 1 - 2 横浜F・マリノス

得点者 : 16' エジミウソン 30' 中澤 佑二 40' 田中 裕介

競技場 : 九州石油ドーム  観衆 : 18,245人  主審 : 岡田 正義

人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

タグ : 試合@2009

兄弟対決

3連勝ならず。勝ち続けるのは難しい。

連勝の良い流れのまま、アウェイ連戦を乗り切って欲しかったけど、良いところなく負けてしまいましたね。ミスが多く、早い時間帯の失点。飯倉のファインセーブが2本あったから良かったようなものの、あれが無ければ目も当てられない結果になっていたような。今シーズンワーストな内容。

それでも連戦ということで、次の試合がすぐにやってくるのが救いなのでは!連戦の場合、勝ち試合の後は勝利の余韻に浸れる時間が少なくて嫌だけど(笑)、負けた後にすぐ試合があるのは良いことです。連勝したときの良い所が戻ってくるといいんだけど。

大分はウェズレイ、ホベルトが怪我、上本が出場停止。相手云々よりも自分たちのサッカーを…ということだろうけど、それでも実績ある選手たちが揃っているときよりもチャンスなはずですね。アウェイ初勝利をあげて、勢いを取り戻して欲しいです。次こそは千真も…!

京都戦記事クリップ



2009 Jリーグ Division1 第10節

京都サンガFC 2 - 0 横浜F・マリノス

得点者 : 5' パウリーニョ 62' ディエゴ

競技場 : 西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場  観衆 : 11,609人  主審 : 穴沢 努

人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

タグ : 試合@2009

ヒーローインタビュー

連勝です!嬉しいですね!

家に帰ってから録画を見たけど、サカティのガッツポーズはカッコよかった!功治のタッチライン際のドリブル突破、そしてサカティのスピード。一連の流れで、それぞれの良さが出たゴールでしたね。功治の先制点も、体を上手く預けてGKの股を抜くシュートでお見事でした♪

後半に何度かあったチャンスでもう1点決めていれば、もっと楽な展開になったんだろうけど、詰めが甘かったのは前節と同じ。最後の最後までハラハラドキドキさせられたけど、試合終了のホイッスルを聞いたときに込み上げてくる嬉しさは格別です^^

勝ったのは文句なしに嬉しいけど、マツの怪我の具合が心配です。

川崎戦記事クリップ



2009 Jリーグ Division1 第9節

横浜F・マリノス 2 - 1 川崎フロンターレ

得点者 : 21' 山瀬 功治 44' 坂田 大輔 87' 中村 憲剛

競技場 : 日産スタジアム  観衆 : 28,016人  主審 : 東城 穣

人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

タグ : 試合@2009

サカティ

今日はAコートでした。GWということで、いつもより人が沢山。明日は川崎戦ですね。中二日だと、あっという間に試合がやってきます^^;

続きを読む »

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

タグ : マリノスタウン

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。