カレンダー

11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

訪問者数

日程

プロフィール

みら

Author:みら
マリノスのことを中心に、色々書いていこうと思ってます。

カテゴリー

ユーザータグ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kaimaku.jpg

明日は待ちに待ったリーグ戦が開幕です♪

個人的には、ファン感や新体制発表会、6試合組まれていた練習試合を観に行っていただけに、今年のオフシーズンはそれほど長く感じませんでした。逆に去年は、インフルエンザでPSMを棒に振り、休日の練習試合は仕事で行けなくなるしで長く感じたなぁ。オフシーズンの長さは、その過ごし方でかなり印象が変わると実感した次第。

で、迎える開幕戦は浦和が相手ということもあり、入場予定者数は6万人を突破。
まあ、実際の観客動員数はこの数字を下回るだろうけど、これだけの人数が入るのは大きなスタジアムならでは。フクアリの様な小さなスタジアムに人がギッシリなのも良いけど…大きなスタジアムに沢山の人が入った時の空気はやっぱり違うもんです。それは、去年のダービーやCWCの時に感じたことの一つかな。

明日は晴れればVP企画もあるし、スタジアムがどんな風に彩られるのかも楽しみな所です♪と言ってもゴール裏にいるわけだから、全体像は家に帰ってから録画を見てのお楽しみだけど(笑)。

明日が楽しみです

横浜VS浦和 前売り6万2000枚突破(スポニチ)

Jリーグは8日、各地で開幕する。スポニチ創刊60周年を記念して「スポニチデー」として行われる横浜―浦和戦(日産スタジアム)は、特に注目度が高くJリーグ最多入場者数を更新する可能性も出てきた。前売り入場券の販売数は6日時点で6万2000枚を突破。記録更新は着券率(実際の来場率)次第となるが、リーグ最多入場者数6万2241人を動員した06年12月2日の浦和―G大阪戦を上回る勢いを見せている。4年ぶりのリーグ制覇を目指す横浜に最高の舞台が整った。

 今季開幕戦の最大の注目カード「横浜―浦和戦」がJ史上最大級の盛り上がりを見せている。前売り入場券の販売数が6日時点で6万2000枚を突破。リーグ最多入場者数6万2241人を動員した06年12月2日の浦和―G大阪戦(埼玉)を上回る勢いだ。J公式戦最多入場者数6万4899人を誇る04年チャンピオンシップ第1戦の横浜―浦和戦(日産ス)の更新も視野に入ってきた。

 会場の日産スタジアムの収容数は7万2370人だが、緩衝地帯(2100席分)などがあるため今回の入場券の販売上限は6万5500枚。販売枚数は伸び続けているため、当日券は発売されない見込みだ。2月の販売開始当初はアウェー側の売れ行きが好調で、スタンドが浦和サポーターで赤一色に染まることも懸念されたが、開幕戦を目前に控えて横浜サポーターが奮起。横浜関係者は「サポーターの比率は58(横浜)対42(浦和)ぐらいになると思う」と説明した。

 大一番に備えてピッチ外も慌ただしくなっている。試合を主催する横浜は警備員を通常の350人から520人に増員することを決定。警備員は普段は試合5時間前に集合するが、今回は開始9時間前の午前5時からスタジアム入りする。神奈川県警港北署は機動隊を出動させる。JR東日本も最寄りの新横浜、小机駅に乗り入れる横浜線で上下線合わせて8本の臨時列車増発を決めた。

 先発が確実なDF栗原は「浦和は大観衆に慣れているけど、慣れていないウチには最高のモチベーション。そういう意味では有利」と歓迎。初陣となる就任1年目の桑原監督は「赤(浦和サポーター)の方が多いんじゃないの?えっ違うの。最高の開幕になればいい」と勝利を誓った。開幕戦はチームマスコットのマリノス君の応援250試合目のメモリアルマッチでもある。8日午後2時。大観衆が押し寄せるビッグゲームで、トリコロール軍団が新シーズンのスタートを切る。


古巣に初勝利を…山瀬功誓った(スポニチ)

横浜の日本代表MF山瀬功治(26)が古巣撃破を誓った。05年に浦和から横浜に移籍したが、古巣との対戦成績は2分け4敗と白星がない。昨年5月27日の対戦では強烈な左足シュートで先制弾を決めたものの、1―1ドローに終わり勝利には結びつかなかった。「過去の対戦成績は関係ない。楽しみ」。2月に負傷した右太腿裏も完治しており、万全の状態で大一番を迎える。

 本来の攻撃的MFではなくボランチでの先発が濃厚。これまでより1列下がった位置となるが、桑原監督からは「動きを制限せずに、どんどん攻撃に絡んでもらいたい」と攻撃の軸に指名されている。7日からは自身の公式サイトを立ち上げる予定。日本代表の東アジア選手権で2得点を記録した司令塔は「試合を見た人に何か感じてもらえればいい」と魅せることを意識して攻撃のタクトを振る。


横浜Mvs浦和に6万5000人…8日J開幕(スポーツ報知)

J開幕の目玉カード、横浜M―浦和戦(8日・日産ス)が歴史的な一戦となる可能性が6日、出てきた。開幕戦の前売り券が6万2000枚を突破したことが判明。収容数は約7万2000人を誇るが、浦和戦は両サポーター席の間に緩衝地帯を約2100席分設けるなどしており、警備上の都合で最大6万5000人に設定。残り3000枚は、クラブ関係者100人がそれぞれ30枚ずつをノルマに販売活動を展開しており、初めて当日券がなくなる見通しとなった。

 クラブ史上、リーグ戦で過去6万人を超えた試合はない。6万3000人以上が来場すれば、Jリーグでも最多記録。04年12月5日に行われた浦和とのチャンピオンシップ第1戦(日産ス)の6万4899人を上回り、公式戦最多となる可能性もある。「何とか6万人を動員したい」とクラブ関係者。アウェーをものみ込む浦和の大サポーターとの“前哨戦”でも善戦。現時点でサポーターの割合は58対42と横浜Mが勝っており、「最高の開幕戦じゃないですか」と桑原隆監督(59)も胸を躍らせた。

 警備も厳戒態勢となる。クラブ側は自主警備350~520人を予定。地元警察署が機動隊を出場させるプランも検討されている。クラブ関係者は「警備はチャンピオンシップレベルだと思う」と説明した。

 この日は右足首ねん挫で別メニューが続いていたDF中沢も合流し、完全非公開の中で戦術を確認。ベンチ入り18人も決まった。「6万人? 力がわいてくるし、その中で絶対に勝ちたい」とDF松田。浦和戦でのリーグ戦勝利は03年9月が最後でここ8試合は4分け4敗と大苦戦。大観衆を背に過去の悪夢を吹き飛ばす。

 ◆マリノスロード完成 〇…小机駅から日産スタジアムに続く道筋に「F・マリノス応援ロード」が完成したことが6日、発表された。壁面に横浜市港北区の小学校20校の6年生が卒業制作として横浜Mをテーマにしたイラストを描き、計661枚の絵が並べられた。クラブ側は10年のホーム試合100万人動員を掲げており、今年も節目で5万人動員試合を設定。地域密着の活動で、さらなる集客を目指す。



横浜Mに最高の後押し!開幕・浦和戦でJ最多入場者記録更新へ(サンスポ)


8日のJリーグ開幕戦・横浜M-浦和戦(日産ス)で、Jリーグ史上最多入場者記録が更新される可能性が出てきた。6万1472枚を販売しており、横浜Mの選手たちもホームの大観衆に勝利への意欲。4年ぶりの優勝への好スタートへ、最高の後押しが実現する。

 4年ぶり戴冠へ、“朗報”が届いた。横浜Mが、開幕・浦和戦でJ史上最多入場者記録を更新する可能性が出てきた。

 6日現在で招待客を含む発券数は6万1472枚。リーグ戦最多の2006年浦和-G大阪(埼玉)の6万2241人を射程に捕らえた。両サポーター間の緩衝地帯などで実際に売り出されるのは約6万5000枚。ただ、売れ行きは日々好調で完売の可能性は十分。チーム関係者も「警備などチャンピオンシップ(CS)体制で行きます」と、J公式戦最多の04年CS・横浜M-浦和戦(横浜国)の6万4899人の更新も視野に、準備を進めていることを明かした。

 日本代表でもチケットの販売不振が話題になる中、驚異的な数字だ。熱狂的サポーターの多い浦和が相手ながら、チーム関係者は「6対4くらいだと思う」と横浜Mサポーターの健闘を証言。ホーム・アドバンテージを存分に生かせる環境にもなる。

 そんな状況に、選手たちも闘志を燃やす。この日の非公開練習で右足首ねんざから3日ぶりに合流、先発が確実になった日本代表DF中沢は「そういった中でサッカーができる喜びをかみしめたい」。同MF山瀬功も「めったに経験できることじゃないので、楽しめたらいいと思う」と意欲を見せた。

 「最高の開幕じゃないですか?」と今季から指揮を執る桑原監督。心強い後押しを背に、横浜Mが名門復活へ、長い戦いの幕を開ける。


横浜開幕戦J史上最多の6万5500人動員へ(日刊スポーツ)

横浜が8日浦和戦(日産ス)で、リーグ戦史上最多入場者数を記録する可能性が出てきた。6日までに入場券6万2000枚以上を販売。7日までに全6万5500枚を完売見込みで、実際の入場者数でも過去最多6万2241人(06年埼玉ス開催の浦和―G大阪戦)を上回る勢いだ。

 営業努力が実を結んだ。試合前には年間入場券購入者を対象に、選手たちのウオームアップを、ピッチサイドで見られるなどの特典を提供。公式マスコットのマリノス君のホーム戦250試合出場表彰などのイベントでも盛り上げる。横浜の主催試合で過去最高の5万9728人(03年=神戸戦)超えは濃厚だ。

 関係者は「58%くらいがホーム側サポーター」と話す。これまで浦和戦では、アウェー側サポーターの数や勢いに圧倒されがちだった。そのためか、ホームでのリーグ戦で浦和に勝ったのは02年開幕戦が最後。今回は大量の自軍サポーターの後押しで、不名誉な記録にピリオドを打つ。

 当日は警備スタッフが早朝5時に集合する異例の体制。最寄りの港北警察署も、機動隊の配備を予定しているという。JR横浜線には、臨時列車8本も走る。開幕屈指の黄金カードに、新横浜の街が揺れる。



「F・マリノス」応援ロード完成/横浜(カナロコ)


横浜市港北区のJR小机駅から日産スタジアムへと至る壁面が、港北区内の小学六年生の「頑張れ!横浜F・マリノス」をテーマにした作品で装飾された。通称「F・マリノス応援ロード」が完成。六日に記念式典が行われた。



日産スへの歩道に「応援ロード」完成(日刊スポーツ)


横浜のホーム日産スタジアム近くに「F・マリノス応援ロード」が完成した。最寄りのJR横浜線小机駅から会場に向かう歩道の側壁に、小学生がクラブをテーマに書いた約661枚の絵画が展示された。地元小学校の卒業制作の一環として行われたもの。代表してお披露目式典に出席した城郷小学校の児童たちは「こんなに目立つところに飾ってくれてうれしい」と喜んでいた。



人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

<< J1 第1節 浦和レッズ戦(H) | ホーム | トレセン@2008/03/05 >>

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。