カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

訪問者数

日程

プロフィール

みら

Author:みら
マリノスのことを中心に、色々書いていこうと思ってます。

カテゴリー

ユーザータグ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


遂にロニーが決めましたね~!良かった良かった^^

横浜MF山瀬が破壊力で柏DF粉砕/J1(日刊スポーツ)

 横浜MF山瀬功治(26)が、破壊力あるドリブルと1得点で、柏守備陣を粉砕した。今季初めて本職のトップ下で先発、本来の攻撃力を発揮し、2-0の勝利の立役者になった。6月にW杯予選4連戦を控える日本代表にとっても、頼もしい好調ぶりだった。

 DFが束になっても、山瀬功の突進を止められなかった。柏戦の前半31分、左サイドでパスを受けると鋭く反転。ゴールに向かってドリブルで加速した。DF3人を一気に引き離し、ペナルティーエリア内に進入。左足シュートはクロスバーをたたいたが、たった1人でも決定機をつくる破壊力を見せつけた。

 「自由に、しばられず、やらせてもらいました」と山瀬功。今季はMFロペスの加入で、開幕からボランチに下がった。その中で「3列目に入って、相手が嫌がる前線への飛び込み方が分かった。(敗れた3月のW杯予選)バーレーン戦でトップ下に入った時も、ボランチ同様に自由にボールを受ければよかった」とヒントを得ていた。

 本職に戻った柏戦では、重戦車ばりの迫力あるドリブルで、相手守備陣を圧倒。柏DF古賀も「国内でトップの突破力。対処するために、DFラインを下げざるを得なかった」と白旗を掲げた。バイアスロンの五輪選手だった父功さん譲りの足腰が、スピードが増すにつれ、沈み込むように安定する。ドリブル突破から計4度も好シュート。後半26分には左クロスに合わせて得点も決めた。

 馬力の秘密は食にもある。9日夜、弟の横浜MF山瀬幸と夫人を伴い、焼き肉ディナーに。兄は弟の2倍以上の肉やホルモンを食べた上、洗面器大の器の特盛ビビンバを完食。冷めんまで平らげたという。山瀬幸は「奥さんはこれでも普段より少ないと言ってました。あれだけ食べるから今日みたいな馬力が出るのかな」と振り返った。

 日本代表にとっても、山瀬功は重要な武器だ。3月のバーレーン戦に敗れ、6月のW杯予選4連戦は負けられなくなった。堅守のオマーン、バーレーンとのホーム戦では、引き分け狙いで守りに入る相手を崩さなければならない。DF3、4人を引きずりながらでも突き進む山瀬功のドリブルは、攻め手のない苦境で格好の「打開策」だ。

 決めれば負けない勝ち運も持つ。この日で、得点したクラブ公式戦と日本代表戦での無敗記録を、25試合連続に伸ばした。横浜にとっても岡田ジャパンにとっても、頼もしい存在だ。


横浜Mは「山瀬弾」で完封勝ち(デイリースポーツ)

 横浜Mが、日本代表のMF山瀬功治(26)のゴールなどで、柏に2-0で完封勝ちした。東京ダービーマッチは、FC東京が2-1で東京Vに逆転勝ち。9日に体調不良を訴えて入院した関塚隆監督に代わり、高畠勉コーチが指揮を執った川崎は、大分と0-0で引き分けた。名古屋は清水に2-0で勝ち、勝ち点16で暫定首位に浮上。同15の鹿島は13日に浦和と対戦する。

 鉄人弾だ。1-0で迎えた後半26分。日本代表のMF山瀬功が左サイドからの折り返しを確実に合わせ、柏にとどめを刺した。バーレーン戦で先発したトップ下とボランチのうち、帰国後にフル出場しているのは山瀬功だけ。「みんなが体を張って守っていた。得点で報いることができた」。再三の突破からチーム最多の7本のシュートを放った背番号10がホーム3連勝を決めた。

 ガラスのエースの面影はない。浦和時代は好調時に大けがで長期離脱を繰り返した。だが、理恵子夫人が作る、筋肉とじん帯の負傷予防と疲労回復に効果がある食事と、入念なケアで屈強な肉体が完成。今季は代表も含めて13戦7発と絶好調だが「無理せずやれている」と言う。鉄人MFが、名門復活の原動力になる。


ロニー初得点 横浜マ3位に踏ん張る(asahi.com)

 連敗を防いで上位に踏みとどまっただけでなく、好調の鹿島や名古屋に食らいつく足がかりを作った。横浜は、新外国人のFWロニーが来日初得点。アシストした「元DF」の松田はMFとして自信をつけた。

 その先取点。敵陣右でスローインを受けた松田は、相手DFを背負ったロニーの体勢を見て、得点までの流れを描けたという。「強引に振り向いてシュートまで持っていく形を何度も見せてくれていたから」。簡単に入れた縦パスだったが計算されていた。

 その通り、ロニーは一瞬でスピードを上げた。パスを受けた右足の外側で絶好の位置に球を置き、反転しながら右足の強烈なシュートでGKの足元を抜いた。

 「日本のサッカーに慣れるのに、これほど時間がかかるとは」とロニー。ブラジルの名門で大試合を経験しているストライカーだが、焦りを感じ始めていたという。「チームにとっても彼にとっても大きな1点。自分も毎試合、勉強している。これから横浜はもっと強くなれる」と松田。優勝を争う気構えを見せた試合だった。(忠鉢信一)

 ○山瀬功(横) 「後半は自分であと2、3点取れた。攻撃は自由にやらせてもらっている。フォローしてくれる人もいるのでやりやすい」

 ●李忠成(柏) 日本代表DF中沢に抑えられた。「強かった。もっとチャレンジしたかったが、まだ自分には打ち崩せないということです」


ボランチ松田2発起点 好調横浜Mけん引(スポーツ報知)

 ◆J1第6節 横浜M2―0柏(12日・日産スタジアム) ワンプレーで相手の急所を突いた。開始14分、横浜Mのボランチ松田が絶妙なタイミングで縦パス。これをFWロニーが右足で先制ゴール。「ボールを入れれば、ロニーは前にいってくれる」という松田の先制アシストがチームに火をつけた。

 後半26分の2点目も松田から。左サイドでボールを奪取し、そのままドリブルでえぐった。その後、FW坂田を経由し、MF山瀬功が左足で追加点。ゴールの瞬間、イレブン全員が松田に飛びついた。

 潜在能力の高さを証明した。今季は負傷中のMF河合の代役としてボランチでプレー。不慣れなポジションだが、イングランド・プレミアリーグを見て学ぶなど、徐々に適応した。山瀬功の得点力を生かすため、「黒子に徹するのが一番」と守備を心がけつつ、攻撃での貢献度も増加した。

 心の奥底では日本代表への思いを秘める。「それはサッカーをやめるまで持ち続ける」と松田。ホーム3連勝、暫定3位浮上を引き寄せたそのパフォーマンスは、代表復帰への強烈なアピールにもなった。

 ◆移籍以降25試合山瀬功不敗神話 ○…チーム最多の3得点目で貴重な追加点を奪った。後半26分、強烈な左足シュートでゴールネットを揺らした。「最終ラインが体を張って守ってくれてた。得点で報いることができてよかった」と笑顔。横浜M移籍以降、続いている公式戦ゴール時の不敗記録(代表戦含む)も「25」に伸ばした。

 ◆鎌田痛恨の退場 ○…痛恨の退場で反撃の糸口がついえた。1点を追う後半23分、MF鎌田がCKから相手ゴール前で不用意なハンドを犯し、2枚目の警告で退場。直後に2失点目を喫した。柏・石崎信弘監督は「残念」と肩を落とした。

人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

<< J1 第6節 柏戦(H)@TV観戦 | ホーム | 4バック >>

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。