カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

訪問者数

日程

プロフィール

みら

Author:みら
マリノスのことを中心に、色々書いていこうと思ってます。

カテゴリー

ユーザータグ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3710984979.jpg

去年も一時話題に上った、「俊輔復帰」のお話。

個人的には、F・マリノスでプレーしていた俊輔を見たことないので…

「F・マリノス復帰」という感じは受けない。

俊輔のチャントとかも知らないし、戻ってきたら単純に新加入という感じかな^^;

10億も払って戻ってきてもらう必要があるのか?という疑問はあるものの…

F・マリノスのユニを纏った俊輔のプレーをスタジアムで見ることが出来るなら、それは楽しみです♪

中盤には健太、兵藤、乾、宏太など、期待度の高い攻撃的なMFがいるF・マリノス。

功治や俊輔がいれば、そんな彼らにも良い刺激になる気がするし!

今年は今年で非常に先が楽しみなわけで、来年の事を考えるにはまだまだ早いけど…

こんな事に少しワクワクするのもアリでしょう(笑)

功治と俊輔が並ぶ中盤…代表とF・マリノス。どっちで実現するかな~。

F・マリノスでは当然だけど、代表でもNo.10は功治がいい!

と、こんな所でこのお話はオシマイです。最後まで読んでくださった皆さん、ありがとうございます。


俊輔の横浜復帰…「早くても来年1月」(スポニチ)

 セルティックMF中村の来年1月以降の獲得を目指す横浜の斎藤社長と木村チーム統括部長が22日、グラスゴー市内でセルティックのピーター・ローウェルCEOと会談を行った。斎藤社長は「(中村獲得について)具体的な話はしていない。ローウェルさんからは“中村にはできるだけ長くプレーしてもらいたい” と言われた。中村の復帰は早くても来年の1月になる」と説明。サポーターやスポンサーが中村の横浜復帰を熱望していることをセルティック側に伝えたという。(グラスゴー・中島大輔通信員)

 ≪治療に専念…練習不参加≫MF中村は左足首痛のため22日の練習を欠席し、クラブハウス内でアイシングなどの治療に専念した。21日の練習中にMFロブソンとの接触プレーで負傷。ジャンプした着地の際にひねったが「そんなに痛みはない」と話しており、27日のレンジャーズ戦出場に支障はなさそうだ。


横浜M、俊輔獲りへセルティックと会談(スポーツ報知)

 【グラスゴー(英国)22日】横浜Mの斎藤正治社長と木村浩吉チーム統括部長が22日、MF中村俊輔(29)が所属するセルティック幹部と会談を持った。横浜Mは同選手の来年1月の獲得を目指している。

 ローウェル最高経営責任者、ジョンパークスポーツディレクター、中村の代理人でもあるロベルト佃氏を含めた5人で約1時間半の話し合い。セルティック側からは業務提携も提案された。「セルティックは米国のチームとも提携しているらしく、マリノスともできれば日米欧のトライアングルもできると言っていた」と話し、今後は前向きに検討していくという。


横浜が俊輔獲得へ社長とGM渡英(日刊スポーツ)

 横浜の斎藤正治社長(58)と木村浩吉GM(46)が21日、来年1月のMF中村俊輔(29)獲得へ向け、所属のセルティックを訪問するため英国へ出発した。当初は今夏の獲得も検討されていたが、同社長は出発直前にチームづくりや営業戦略上の問題から「来年1月の獲得が現実的」と明言。23日までの現地滞在中に、ローウェルCEOと初会談を持ち、まずはクラブ間の良好な関係づくりをはかる。

 地元育ちのスター中村は横浜にとって、もはや戦力を超えた存在だ。集客増やスポンサー獲得など波及効果も絶大とみられ、今年1月には斎藤社長が中村の代理人を務めるロベルト佃氏と初対談している。一方、放出拒否の構えだったセルティックも、ここにきて方針転換。ストラカン監督は20日、横浜幹部の渡英を踏まえ「もし来季終了後に彼が日本に帰りたいと言ったら、我々は両手を挙げて『分かったよ』と言うしかない。今まで要求をはるかに超える仕事をしてくれたから」と初めて「移籍」を容認する発言を行った。

 中村とセルティックの契約は、現状では08-09年シーズン終了まで。もし指揮官の言うとおり、来季終了まで残留した場合、移籍金ゼロで横浜が獲得できる。10億円近い移籍金を、セルティックが放棄するとは考えにくい。中村と再度複数年契約を締結するか、契約期間内の来年1月の移籍を認めるかの選択になる。

 中村本人も横浜復帰に前向きなこともあり、来年1月を“Xデー”にするにはメーンスポンサーの日産自動車などの理解を得ることとセルティックと遺漏なく交渉を進めることが必要。「アクションを起こしていかないと」と木村GM。まずは自らの渡英で、セルティックに誠意を示す。


中村俊輔獲得へ初交渉…横浜M&セルティック首脳会談(サンスポ)

 【グラスゴー22日=佐々木誠通信員】横浜Mの齋藤正治社長が22日、MF中村俊輔(29)の所属するセルティックのクラブ事務所を訪れ、ローウェル最高経営責任者らと会談。俊輔獲得に向けた初交渉を行った。「あいさつをしました。サポーターが待ってるし、スポンサーからも『復帰はいつ?』との話があると伝えました」と齋藤社長。会談でローウェル氏は「できるだけ長くナカムラをホールドする」とし、22日付英夕刊紙イブニング・タイムズは今季で切れる契約の1年延長を提示することを報道。同社長も「今年の夏はない。どっちにもメリットがない」と改めて来年1月以降の移籍実現を目指す意向を示した。

 会談では、クラブ間の提携や今夏の親善試合の話題も出たという。


横浜M、中村復帰で交渉へ セルティックは残留希望(スポーツナビ)

【グラスゴー(英国)22日共同】Jリーグ1部(J1)横浜Mの関係者がスコットランド・プレミアリーグ、セルティックのMF中村俊輔(29)を復帰させるため英国入りし、今週中にセルティックと交渉することが22日分かった。
 21日付の英スコットランドの夕刊紙イブニングタイムズ(電子版)によると、セルティックは今季で契約が切れる中村に、1年の契約延長を提示する準備を進めているという。
 セルティックのストラカン監督は同紙上で「われわれは中村をもう1年、必要としている」と残留を希望。一方で「彼が自分のイメージ通りプレーできなくなってから帰国したいとは思わないだろう」とし、中村が近い将来に日本に戻る可能性も否定しなかった。


横浜マリノス「俊輔獲り」に本腰(デイリースポーツ)

 セルティックMF中村俊輔(29)の獲得を目指すJ1横浜Mの齋藤正治社長(58)と木村浩吉チーム統括本部長(46)が21日、初の直接交渉のため、成田空港からスコットランドに出発した。

 日本最高のファンタジスタ復帰に向け、横浜Mが本格始動した。横浜Mは来年1月の獲得を目指し、「(古巣に復帰したい)俊輔の気持ちもあるし、何らかのアクションを起こさないといけない」と木村統括本部長。スコットランドに出向き、セルティック側、中村俊の代理人を務める佃ロベルト氏と接触する。

 条件面の下交渉も開始する。約8、9億円とされる移籍金の大幅減額を目指してセルティック側と調整する意向。また年俸体系や、一部でチームと重複する個人スポンサーの調整もあり、木村氏は「話すべきことは山ほどある」と語った。

 また木村氏はセルティック訪問後に新戦力発掘と育成制度研究などのため、欧州視察を行う予定。元J1千葉の祖母井氏がGMを務める仏グルノーブルなどを訪れる見込みだ。日本の至宝奪還と名門復活の悲願に向け、精力的に動き出す。

人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

<< 待ってました! | ホーム | J1 第7節 清水戦(H) >>

こんにちは。
やはりこのネタには食いつきますよね~
僕的には俊輔のチャントは懐かしい感じです。
♪シュンスケナカムラーシュンスケナカムラー
俺らの誇りウルトラレフティ シュンスケナカムラー♪
またこの歌を歌う日が来るんでしょうね。


キングさん

獲得は来年1月じゃなくても良い気はしますが、とにかく他のチームにいかれると厄介ですよね。いい選手を取られると、プラスマイナスの差になりますしっ。

今後の動向が気になりますね^^

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。