カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

訪問者数

日程

プロフィール

みら

Author:みら
マリノスのことを中心に、色々書いていこうと思ってます。

カテゴリー

ユーザータグ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たびたび話題が出てくる俊輔のJ復帰話。来年の補強話どころじゃない現状だけど、一応触れるだけ触れてみたり。
個人的にはマリノスでプレーしていた頃の俊輔は見たことないので、特別な思い入れは全くないです。でも、もしマリノスに加入するならやっぱりワクワクする話には違いないし、「帰るならマリノス」というコメントを見るとなんだか嬉しいのも事実。とはいえ、まずは俊輔どーこーは関係なく、残り10試合でJ1残留を決めないとお話にならないですけどね

俊輔「横浜M」1月復帰へ初めてチーム名を公言(スポーツ報知)

 【グラスゴー(英国)15日】来年1月のJリーグ復帰プランを明かしたセルティックの日本代表MF中村俊輔(30)が15日、古巣・横浜Mへの復帰願望を初めて公の場で口にした。

 14日付地元紙で報じられた復帰発言について、「前から言っていること。いつかは日本に帰るときが来ると話しただけ」と前置きしながらも、「移籍するなら横浜M? それが第1なのはもちろん。ほかのクラブ(でやりたい)というのは、今のところ別にない」と初めて公の場で移籍希望先を明言。「マリノスで育ててもらったし、そこでやりたいのは自然なこと」と1997年のプロデビューから5シーズン半過ごした古巣への変わらぬ愛を告白した。

 横浜M側も1月の獲得を目指し、総額5億円の移籍金の準備を進めており、近日中にも正式オファーを提示する見込み。木村浩吉監督が「帰ってきてくれると信じている」と語るなど、相思相愛の状況だ。

 15日付の地元各紙によると、セルティックのピーター・ローウェル最高経営責任者(CEO)は、「最低でも今シーズン終了(6月)までは引き留めたい」と1月の移籍を阻止する考えを明かしたが、俊輔は「そこは交渉(次第)でしょ」とキッパリ。「(自分が)ベストな時に帰っておきたいという気持ちはある」とも語っており、日本が生んだ天才司令塔はあくまで来年1月の古巣復帰を目指す腹づもりだ。


俊輔、移籍報道に言及「やっぱりマリノス」(サンスポ)

 【グラスゴー(英国)15日=佐々木誠通信員】中村俊輔は15日の練習後、移籍報道に言及。「半分で帰る可能性があると話しただけ。1月か来夏? まあ、そんな感じじゃないかな」とし、残留を望むセルティック側の意向については「その辺は交渉でしょ」と話した。「やっぱりマリノス(横浜M)は大事。今のところ他のチームとは話していないし、マリノスで育ててもらったから、そこでやりたいのは自然なこと」と、日本復帰時には横浜Mが大本命であることも明言した。

 さらに「家族とか子供のこともある。CLとかイタリアでいろいろ吸収してきた。やりたいことも変わってきてるしね。右サイドじゃなく、違うことも吸収したい」とJ復帰を検討する理由も説明した。


俊輔1月復帰否定も「帰るならマリノス」(スポニチ)

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)は16日に開幕し、1次リーグの8試合が行われる。MF中村俊輔(30)の所属するセルティックは17日、ホームでオールボーBK(デンマーク)と対戦。3季連続決勝トーナメント進出に向け、中村は「ホームで必ず勝って、アウェーで引き分けに持っていけるか。その意味でも初戦は大事」と必勝を期した。

 1次リーグを突破した過去2季はいずれもホームが3戦全勝、アウェーが3戦全敗。ホームで確実に勝つことが突破への近道となる。「体調は良いし、相手のDVDをもらったから選手をチェックしたい」と中村。地元紙で来年1月の日本復帰が報じられたことには「1月に帰るとは言っていない。可能性があると言っただけ。まあ、帰るとしたらマリノス(横浜)第一。他は頭にない」と苦笑いを浮かべた。(グラスゴー・中島大輔通信員)


俊輔獲得へ…横浜M、絶対J1残る(デイリースポーツ)

 J1横浜Mの木村浩吉監督(47)が15日、来年1月にもスコットランド・プレミアリーグのセルティックを退団し、日本に戻る考えがあることを示したMF中村俊輔(30)に、改めてラブコールを送った。現在15位に低迷。クラブ史上初のJ2降格となれば“破談”の可能性もある中、正式オファーに向けて早期の残留確定を目指す。

 “恋人”に熱烈なラブコールだ。木村監督は、セルティックMF中村俊が英紙に来年1月の退団と帰国の可能性を表明したことを受け、「(横浜Mへ)来たいと言ってくれているんだから、たとえJ2でも来てくれると思っている。どんな状況になっても来てくれると信じている」と話した。

 木村監督はチーム統括本部長職にあった4月、セルティックや中村俊本人と会談。復帰の意思を確認しており、高額な移籍金問題はあるものの、相思相愛の横浜M復帰に障害はないはずだった。だが現在15位と低迷し、残留問題という新たな課題が浮上した。

 J2降格となれば、スポンサーや入場料などの営業収入減で予算面の見直しに迫られる。来季収入を見越した移籍金ねん出調整に支障が出ることは必至だ。W杯アジア最終予選を控える中村俊にとって、J2でのプレーは日本代表参加の障害になりかねない。

 現時点では中村側も「横浜Mでないと復帰する意味がない」と古巣一本を貫く方針。その思いに応えるためにも、正式オファーに向けた早期残留確定が最優先だ。

 マリノス愛に訴えた木村監督も、もちろん手をこまねいているわけではない。「もっと上を目指している」と「9月3勝」という目標を掲げ、必勝態勢で20日の16位・磐田との直接対決に臨む意向だ。スムーズに中村俊を獲得するためにも、降格は許されない。

人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

<< LEGEND OF STARS | ホーム | J1 第24節 神戸戦(H) >>

1試合でも早く・・・

俊輔が帰る場所はマリノスだけだと信じているので、マリノス自体が1試合でも早く残留を決めなくちゃ!
スポーツ紙にJ2でも来てくれるはずと言っていた現監督の考えには相変わらず驚かされます・・・。

よっし~さん

J2でも…の発言、あの監督なら本当に喋っていそうな気がしなくもないですが、載せているのがデイリーだけなので信用していないです^^;木村監督、他の監督なら言わないようなことを言っちゃう人ですが、とにかく頑張って残留させてもらわないと!

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。