カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

訪問者数

日程

プロフィール

みら

Author:みら
マリノスのことを中心に、色々書いていこうと思ってます。

カテゴリー

ユーザータグ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
監督 木村浩吉

横浜、木村監督に複数年契約を提示(スポニチ)

 横浜の木村浩吉監督(47)がクラブから正式に来季の続投要請を受け、年俸3000万円(推定)、複数年契約を提示された。25日の練習後に斎藤社長、松本チーム統括本部長と約1時間半の話し合いを行った木村監督は、下部組織と連動した育成型のチームをつくるために組織改革の必要性を主張。育成に重点を置く方針はクラブ側とも合致しており、松本チーム統括本部長は「クラブを長い目で育成できる監督」と続投要請の理由を説明した。今月中に結論を出すことが確認されたが、指揮官は「いい返事をしたい」と話しており、受諾することは確実。29日の東京V戦後にも2度目の交渉が行われ、正式決定する運びだ。


横浜Mが木村監督続投を正式要請(スポーツ報知)

 横浜Mの木村浩吉監督(47)が25日、斎藤正治社長、松本喜美男チーム統括本部長と会談し、来季の続投を正式に要請された。育成型のチーム作りに向け、複数年契約の提示を受けている指揮官は「こちらも言いたいことは言った」と即答は避けたものの、「いい試合をしていい返事をしたい」と話しており、29日の東京V戦後にも正式に受諾する見通しとなった。

 今年初めにチーム統括本部長を任された木村監督は、成績不振で更迭された桑原隆前監督の後を受け、7月に就任。J2降格圏内の16位から、6勝6分け4敗と勝ち越し、前節の千葉戦勝利でJ1残留をほぼ確定させた。「もう少し競った試合を勝っていれば順位も変わっていた」と悔しがるが、クラブ側は短期間で立て直した手腕を評価した形だ。


横浜M・木村監督、正式要請を受け続投へ(サンケイスポーツ)

 J1横浜Mの木村浩吉監督(47)が25日、斎藤正治社長、松本喜美男チーム統括本部長と会談し、来季続投の正式要請を受けた。同監督は「いい試合をして、いい返事をしたい」とし、J1残留が正式に決まる29日の東京V戦後にも、正式に続投が決定する見通しとなった。

 桑原前監督の解任を受け、今夏に監督就任。6勝6分け4敗の好成績で降格圏内からチームを浮上させ、残留を確定させた。その手腕をチーム側も評価。1時間半の3者会談で「ユースとトップの垣根を取れる環境にある。そこをうまくやりたい」と充実した下部組織を生かした育成型チームへの転換を訴えた同監督に、チーム側も長期的視野での複数年契約を提示した。

 「優勝? それはマリノスの宿命」と斎藤社長は、同時に優勝争いも期待。短命政権が続いていた名門が、長期政権で復権を目指す。


横浜M・栗原、左手骨折も次戦強行出場へ(サンケイスポーツ)

 横浜MのDF栗原が、23日の千葉戦(フクダ)で左手甲の付け根を骨折していたことが25日判明した。フル出場したが、「前半終わったところで吐き気がして、大丈夫かなと思っていた」と苦笑い。「(骨がくっつくまで)1カ月待っていたら、シーズンが終わっちゃう」と強気に練習にも参加し、木村監督も「アイツは気持ちがあるから」と、29日の東京V戦(日産ス)の強行出場を示唆した。

本格的に木村監督続投の気配になってきましたね。就任当初はどうなることかと思ったけど、残留まであと一歩。ヴェルディに引き分け以上で自力残留決定なので、ヴェルディ戦で残留をしっかり決めてから、戦力外通告と併せて正式発表って感じでしょうか。

勇蔵の記事を拾いそびれていたので追記。折れてたのか。。。

余談。今週はMTへ行けなさそうです(><)

人気blogランキングへ   にほんブログ村 サッカーブログへ

テーマ : 横浜Fマリノス - ジャンル : スポーツ

タグ : 記事クリップ

<< サカつくDS | ホーム | 記事クリップ@2008/11/25 >>

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。