カレンダー

11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

訪問者数

日程

プロフィール

みら

Author:みら
マリノスのことを中心に、色々書いていこうと思ってます。

カテゴリー

ユーザータグ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンブロジーニと俊輔

好機を逃し、ともに無得点(uefa.com)

 わざわざ朝早く起きたのに、あんな試合を見せられては…。一発勝負(一応H&Aですけど)のトーナメントだとこうなってしまうよなぁという試合展開。観ていてドンドン眠くなっていきました。

あんなダイブはダメです(笑)

 GKジーダ、DFネスタ、MFセードルフ、FWピッポと各ポジションの主力が離脱していたミラン。それでもメンバーは十分いるわけで、勝つチャンスは十分ありました。一番惜しかったのは、前半のジラのシュートでしょうね。「これは入ったろ!」と思いましたが…ボルツの好セーブ。後半のカカのパス→ガットゥーゾのシュートも惜しかった。流れは完璧でしたが、シュートが枠に飛ばず。ああいったチャンスで決めきれなかったせいで結局無得点。
 後半に訪れた写真の場面、ジラがPA内でダイブしたところです。あれは一体…(苦笑)バランスを崩したのならそれっぽい倒れ方をしておけばいいものの、殆どコントじゃないかと思うような転び方。あれはシミュレーションを取ってくれと言ってるようなもんじゃ。

俊輔も不発

 セルティックは怪我明けのヘッセリンクが全然ダメでしたね。俊輔もFK含めてあまり良くなかったし、殆ど得点の可能性を全然感じず。それでも、無失点に抑えたのは大きい。ホームでの試合だから、1-1のドローよりもスコアレスドローの方が良いのは言うまでもなく。アウェイゴールに泣く、というのはよくあることだしね。それこそ、俊輔の一発でサン・シーロでゴールを奪える可能性があるから、この結果でセルティックは満足なんじゃないかな。

サン・シーロ

 2ndLegは3/7でしたっけ。今度はミラノのサン・シーロで試合。ホームではまたミランの違った戦い方が観れるはず。セルティックも守っているだけでは勝ち進めないわけだから、ある程度は攻めてくるでしょうし。カウンター一発ドン!というようなチームではないしね。
 次はピッポが復帰できるのかな。個人的にはジラにあまり信頼が置けないので(現時点では。ユニは持ってるんだけどねぇ)ピッポの復帰に期待したいです。

<< 開幕のGKは誰だろう? | ホーム | HSV金星 >>

前半の立ち上がりこそワクワクで、眠気なんかありませんでしたが…私も徐々に眠たい感じに襲われました。でも頑張って最後まで見ましたけどね。
次の試合で俊輔のFKが決まった方が劇的ドラマですよね!
それによって次のステージに行けるよう、サンシーロで良い結果が出る事を今から願いますっ☆

私も後半は結構眠くなって来ちゃった。。(^_^;)
何のスペクタクルもなく。
2nd legって結構すぐなんだね。
ドキドキするような試合を観たい!

>尚さん
立ち上がりは「どんな試合になるんだろう?」という期待感がありますからねー!これはどんな試合、どんな組み合わせの試合でも一緒です。サッカーは楽しいものですから^^
でも…昨日の試合は時間経過と共にグダーとしてきました。俺も一応最後まで観ていましたよ~。でも、何も起きませんでしたね^^;

サン・シーロで俊輔が決めれば劇的ですが、俺としてはそれは勘弁して欲しいな、と(笑)2-1でミランの勝ちなら文句ないですけど^^;

>凛さん
後半はかなりヤバかったです。ハーフタイムの時点で寝ようと思ったくらいですから~。
昨日の試合はスペクタクルの「ス」の字もありませんでしたね。マドリー vs バイエルンなんかは面白い試合だったみたいなので、セルティックパークでももっと盛り上がる試合が観たかったですね。

次はお互い点を取らないといけないし、絶対面白い試合になるはずっ!!基本的には2ndLegの方が熱い試合が多いような気がしますし^^
早起きしなくちゃならないのは辛いですが、楽しみですね♪

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。