カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

訪問者数

日程

プロフィール

みら

Author:みら
マリノスのことを中心に、色々書いていこうと思ってます。

カテゴリー

ユーザータグ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう少しむこうの空の下へ

主に島であったり、海に関わりのある場所を中心にした旅日記。

八丈島、奄美大島、沖永良部島、幕張など、色んな島や海辺の町での交流などを描いた短編を十三編収録。椎名作品の旅やキャンプなどのアウトドアものでは「怪しい探検隊」の印象が強く、そっちは明るく賑やかな作品だけど、それと比べるとこの作品は非常に静かな印象を受けます。沖縄の島や茨城の海岸での一人キャンプの話があるので、そう感じるのかも。

短編の中のひとつ、「新しい町のふるい海」は千葉の幕張が舞台。中学校での講演の為に訪れた時の話が描かれていますが、その後の流れで花見川へ行くことに。この埋立地を流れるを川のことを、「川のフリをしている海」と表現していて、確かに埋め立てられる前は海だもんなぁと思い、これがとても印象的な言葉でした。

読了後は、帯に書かれている通りどこかへ旅をしたくなりました。デジカメを新調したので、どこか綺麗な風景を撮りに出かけたいです^^



もう少しむこうの空の下へ

著者 : 椎名 誠  出版社 : 講談社  出版日 : 2003/08/15

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

<< 横浜で待ってる | ホーム | モヤシ >>

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。