カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

訪問者数

日程

プロフィール

みら

Author:みら
マリノスのことを中心に、色々書いていこうと思ってます。

カテゴリー

ユーザータグ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
砲艦銀鼠号

5月末に発売された新刊。と言っても、文庫だけど^^;

大きな戦争で崩壊した世界を舞台に、元戦闘員の灰汁(あく)、可児(かに)、鼻裂(びれつ)の3人が、海賊として砲艦「銀鼠号(ぎんねずごう)」で冒険していく物語。椎名さんのSFは「アドバード」や「水域」も家にあるけど、ちょっと読んだだけで読了していなかったので、初めて読了したSF物。

ただ、どうも嗜好に合いませんでした^^;鉄魚とか泥豚とか個性的な物体が出てくるけど、そういうものが登場しても特に盛り上がることもなく進んでいく感じ。ただ、9番(章でなく番で区切られてる)のカルタ船から脱出するくだり「面白そうになってきた」と思ったけど、そこの描画があっさりすぎて拍子抜け(笑)



砲艦銀鼠号

著者 : 椎名 誠  出版社 : 新潮社  出版日 : 2009/05/20


テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

<< ナビ杯 第6節 大宮戦(A) | ホーム | ナビ杯 第5節 新潟(A) >>

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。